淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
459213897XちょこッとSister 5 (5)
雑破 業 竹内 桜

白泉社 2006-02-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
つばき荘というアパートに1人で暮らす大学生の「はるま」。
ある年のクリスマスの朝、突然サンタのお姉さんから、
クリスマスプレゼントとして大きな袋を渡される。
袋を開けると中から女の子が‥。
それは、子供の頃サンタさんにお願いした妹だったのです‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:8
構成:9
キャラクター:6
オリジナリティ:7
マニア向け度:9
総評:7


◆淡々と個人的感想
おねがい☆ティーチャー」の雑破業氏:原作、
ぼくのマリー」の竹内桜氏によって、
現在ヤングアニマルに連載されている漫画。

2006年夏に制作:ノーマッドでアニメ化される予定らしい‥。
血のつながっていない妹(もちろん兄好き)とか、
天然巨乳メガネっ娘の管理人さんとか、
冒頭からオタク要素が濃縮すぎる萌え漫画‥。
さらに、計算しつくされたようなパンチラブラチラ
主人公に降り注ぐ幸運の数々はオタ漫画の巨匠(雑破業氏)らしくて、
1部のファン以外は読んでいて不愉快になるほど‥
キャラクター配分も取ってつけた様な小ネタ設定で、
全くそれを作った根拠を感じない‥。

しかし、展開はギャグみたいなご都合部分があったりして、
捻ってないハーレム的な萌えなんだけど、作中に流れる雰囲気が良い
エロな描写も多いが、
絵が上手いのと無邪気な脱ぎッぷりに性的思想はあまり感じられなかった。
また、青年漫画なのに最初兄の方が中心で描かれていたが、
途中から、そのまわりの人物それぞれが中心の
ショートストーリーになっていて、
そこから派生する心情物語は放り投げのプロットではなかった。
(はるまと綾乃の電話のシーンなんて良かった)
また、作り手の見せたいものが媚びではなく
日常のほのぼのさを見せたいということなっているで、
結果は簡便ではなくリアルっぽい。
こういうほのぼの系漫画
いかにその作中の雰囲気を読み手に感じさせれるかだと思う。

おね☆ティーが好きな人にはオススメ。
でも、やっぱりこういう設定は苦手なので、‥7点!


ちょこッとSister (公式HP)
スポンサーサイト
4063346323ちょびっツ (8)
CLAMP

講談社 2002-11
売り上げランキング : 46,367

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
大学受験に落ちて、浪人中に予備校に通うため、上京した本須和秀樹。
上京してきたその日にゴミ捨て場に捨ててあった人型パソコンを拾う。
そのパソコンは、めちゃくちゃかわいかったのだが、
「ちぃ」としか喋らなかっので、本須和は、
そのパソコンを「ちぃ」と名づけ、一緒に生活していくことに‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:8
構成:7
キャラクター:7
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:7
総評:7


◆淡々と個人的感想
カードキャプターさくら」や「ツバサ」の作者である
CLAMP氏が2001年からヤングマガジンで連載していた漫画。
人と人じゃない物との恋愛」というテーマに絞ってあり、
他のバトルだったり三角関係だったりにひっかからなかったので、
心情的な話にしては、読んでいて理解しやすかった。
恋愛物によくある「いきなり主人公のことを好きになる終わり
ではなくて、人間側の都合、パソコン側の言い分両面から描いてあり、
ありそうでないその世界観が個性的で良かった。
あと、主人公がいい人(真剣)なので、心理描写に不快感がなく、
すもも琴子といった小物で笑いをとりテンポも良かった。
しかし、最終的にパソコン(物)に溺愛という、
それだけ見るとただ単にイッちゃってる人みたいな終わり方に
一般の人(漫画とかを読まない人)は分かりにくいんでは、と思う。
あと、ちぃが秀樹を好きになる理由は分かるが、
秀樹がちぃを好きになる理由がイマイチ分からない。
(好きになるのに理由は要らないかもしれないが‥)
最後があまりに問題のないハッピーエンドなのと、
人とパソコンが付き合う前よりも付き合ってからの方が問題があるのでは?
(全てのパソコンに「ちぃ」のようなことを望んだらえらい事になりそう‥)
という所が少し引っかかった。
綺麗な(柔らかい)絵、綺麗な話が好きな人にはオススメ。
人と人じゃない物の恋愛を
もっと掘り下げた作品としとは斬新だったので、‥7点!



<関連レビュー>
ツバサ―Reservoir chronicle(2005/10/11付)
XXXHOLiC(2005/11/11付)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。