淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天より高く 27 (27)天より高く 27 (27)
宮下 あきら

集英社 2002-11
売り上げランキング : 363411

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
大魔王の後継者の座を賭け、地球に最高の大和撫子を求めて、
兄のヨミと共に下界に降りた、魔界の大魔王の次男坊ソラ。
持ち前の明るさと奔放さを発揮して、行く先々で好感を持たれるが‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:4
画力:5
構成:6
キャラクター:5
オリジナリティ:6
マニア向け度:9
総評:4


◆淡々と個人的感想
魁!!男塾」「私立極道高校」の作者宮下あきらにより
1995年から週刊プレイボーイにて連載されていた漫画。

だれよりも劇画タッチなその画風とストーリー置き去りな
漢キャラの暴走を描く漫画家・宮下あきら氏によるオッサン願望作品
この作者「魁!!男塾」や「瑪羅門の家族」、
そして「世紀末博狼伝サガ」辺りまでは
マンネリさよりも、その斬新さの方が目立ち楽しく読めたが、
時代に合ってないのか最近の「曉!!男塾」、「江田島平八伝」等は
過去の遺産を食い尽くす、ダメ漫画にしか見えない。
この作品も、最初はまだ大魔王の兄弟での花嫁争奪戦といった
「対称的な能力を持つ兄弟が
それぞれ世界一と思われる美女を現代の日本で探し出す」と言う、
目新しいコンセプト(?)で進んでいたが、
途中から主人公のソラの方だけ江戸時代とか原始時代に飛ばされ、
そこで本来の目的そっちのけで意味の無いギャグバトル展開に‥。

ものすごい斜めから見れば、不誠実過ぎるストーリー展開や
投げやりとも思える現存の人物パロディキャラ
(ベッカムとか松井秀喜とか叶姉妹‥)など
高尚なギャグとして見えないことも無いが「魁!!男塾」のように
くそ真面目にやってこそ面白いのであって、
本作では、主人公ならびに他キャラみんなおかしい言動なので、
ただのいい加減にしか見えない‥
あと、プレイボーイに連載されていたこともあり、
主人公のソラを始め、みな好色で、無駄なエロシーンが多い。
(この作者の女の裸は全然エロくないが‥)
少年誌のパンチラ漫画が中高生の願望だとしたら、
この作品は中高年の願望という、
さらに程度の低いものになってしまっている。
これでは、作者の持ち味のバトルにおける爽快さは微塵も感じない。
自分で客観的に見て面白いと感じているのか甚だ疑問‥。

ある意味、
ものすごいレベルの高いギャグ漫画として見れる人にはオススメ?
毎週暇つぶしで読むのは良いが
作者独特の手法が全て悪い方に出てしまった作品なので、‥4点!


魁!男塾ファンページ
<関連レビュー>
暁!!男塾(2005/08/08付)
スポンサーサイト
4812452872天―天和通りの快男児 (14)
福本 伸行

竹書房 1999-03
売り上げランキング : 123787

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
大学受験のために雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆきは、
ある日裏プロとの勝負で天貴史という男と対戦しイカサマ技の前に敗れる。
そして、ひろゆきはその男の魅力と雀力に興味を持ち
行動を共にするようになる‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:4
構成:6
キャラクター:9
オリジナリティ:9
マニア向け度:9
総評:8


◆淡々と個人的感想
賭博堕天録カイジ」「最強伝説 黒沢」の作者福本伸行氏により
1988年から近代麻雀GOLDで連載されていた漫画。

アカギ」の元となった作品。
麻雀というあまりに門戸の狭いジャンルなのに
この作者が描くと例え、その麻雀を知らなくても
楽しく読めてしまうのでは?と思えるほど、
緊迫感やゲームにおける駆け引き
そしてその心理描写が独特で、引き込まれる。
あと、この漫画1~3巻の出会い編と3~15巻の東西対決編
16~18巻の通夜編と分かれるが、
個人的には東西対決編が一番盛り上がった。
まずは東西の代表メンバーを決め「ビケ殺し」「トップ取り」「満貫縛り」
「クリア麻雀」そして決勝の「二人麻雀」と、
とにかく福本氏お決まりの引き延ばしが長いが、
私は単行本で読んでたこともありテンポはそれほど、悪く感じなかった。
そして、麻雀というゲームを通していろいろなことが頭を過ぎり、
苦悩し考えるという一挙一動が独創的で、
以後の福本作品に継承されるそのセンスが物語を通じて才華するよう。

しかし、第1巻が89年発行ということもあり、
アカギが登場してくる前は
元々あまり上手いとは言えない作者の絵が得に酷くて、
キャラの顔とかも完全に崩れているし、ストーリー軸もメチャメチャで
天もイカサマばかりするインチキ売人にすぎなかった‥。
あと、東西編が終わっての通夜編では
それまでサポート役だったアカギが明らかに主役になっていて、
安楽死のやり取りをすると言う
もはや、麻雀漫画で麻雀をしないという脱線状態
(ただ、駆け引きとしては面白かったけど)
しかも、アカギが最後に死ぬところが描かれているということは、
今の「アカギ」の鷲巣麻雀では死なないということが、
約束されており(パラレルワールドでないかぎり)、
そちらで緊張感が得られなくなってしまった‥。

麻雀が分からない人でも福本ファンならオススメ。
粗削りながら、人対人の攻防における熱さがあったので、‥8点!


福本AAWiki(作品のアスキーアート集)
<関連レビュー>
銀と金(2006/03/04付)
カイジ(2005/09/13付)
最強伝説黒沢(2005/08/22付)
4063634825哲也 41―雀聖と呼ばれた男 (41)
さい ふうめい 星野 泰視

講談社 2005-02-17
売り上げランキング : 31,396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
時代は、終戦直後のまだ焼け跡や廃墟の残る新宿
何もなく貧しい中でも生き抜くために 人々は日々たくましく生きていた。
そんななか一人の青年が麻雀で生きてゆこうと決意した男がいた。
これは、のちに「坊や哲」と呼ばれる玄人の勝負に生きた物語である‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:7
構成:7
キャラクター:9
オリジナリティ:7
マニア向け度:7
総評:7


◆淡々と個人的感想
少年無宿シンクロウ」のさいふうめい氏(原案)と星野泰視氏(漫画)が
1997年から週刊少年マガジンで連載していた漫画。

主人公は実在した阿佐田哲也(色川武大)氏がモデルで
勝負師伝説 哲也」としてアニメ化もされたらしい‥。
麻雀」という賭け事を題材としているが、
少年誌のため麻雀の駆け引きとか点棒のやり取りとかいうよりも、
キャラ達の技(イカサマ=必殺技)という部分を重視し、
見た目にも映える分かり易さを取っている。
そのため、「相手がイカサマをするそのイカサマを破り勝利
というのが、さすがに41巻もあると
マンネリ化(2度の旅打ち編とか)してしまっているところはある。
あと、さくさく進んでいく感じなので、
手に汗握るという作中の「熱さ」が読んでいて伝わってこなかった。

しかし、使い捨てにしては勿体無いほどの
バラエティに富んだ敵キャラが毎回出てくるので、
勝負における目新しさはある。
(個人的にはダンチ絡みの話が好きだった。)
絵も最初の方はぎこちなかったが、途中から確立されていき
作者独特の雰囲気が出ていたと思う。

麻雀知らない人でも暇潰しとして見るのにオススメ。
つまらなくはないんだけど、
物語として興味を引かれるプロットとかは無いので、‥7点!
4091532136電車男 3―ネット発、各駅停車のラブ・ストーリー (3)
原 秀則 中野 独人

小学館 2005-09-05
売り上げランキング : 499

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
電車内で暴れていた酔っぱらいから、
守った女性を好きになってしまったアキバ系オタク青年。
恋の予感を感じつつも、誘い方すら分からない電車男を支えたのは、
ネット掲示板の住人達だった‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6   (漫画としての)
画力:7
構成:8
キャラクター:7
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:7
総評:7


◆個人的感想
やったろうじゃん!!」「レガッタ」などを連載していた
原秀則氏が作画を担当し週刊ヤングサンデーにて掲載されていた作品。

ネットから生まれ小説や映画&テレビドラマ化
そして漫画界では「ほぼ同時期に5誌並行新連載」の現象が起きた。
私は女性誌の2作品は読んでないので男性誌の3作品に限らせてもらうと
道家大輔氏作は「よりコメディータッチ」に描いてあり、
渡辺航氏作は「より萌え狙い」な描き方に、
原秀則氏作は「よりリアルっぽく」描いていあったと思う。
3作品とも独自性を出して読むべきところはそれぞれにあるが、
個人的には原秀則氏作品が1番面白かった。
(後に道家大輔氏作>渡辺航氏作と続く)
「電車男」自体がネタかネタじゃないかは措いといて、
この漫画を1作品としてみた場合、
他の作品は原作ありきで描かれている気がするのに対し、
本作は原秀則氏の表現力により1つの個別の類型として読める。
特にラストの電車号泣シーンが情けなくて良かった。
しかし、所詮原作がある予定調和な展開なので、
ストーリー自体は全く新鮮ではない‥

絵が古ぼったいタッチなので、それが大丈夫ならオススメ。
私は「電車男」を後日まとめサイトで知り興味を持ち、
小説版や映画版を見て嫌いになりました。
でもこの作品は良いと思えるので、‥7点!(褒めた割には点数低い‥)


※電車男 まとめサイト
※電車男@全過去ログ(ミラー)
4063710092DEAR BOYS ACT2 20 (20)
八神 ひろき

講談社 2005-09-16
売り上げランキング : 414

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
高校バスケ界では知らぬものがいないほどの新潟の常勝校・天童寺。
そこのスーパースターであった哀川和彦が・瑞穂高校に転校することにより、
藤原拓弥を筆頭に崩壊しかけた男子バスケット部再びが始動する‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:6  (上手いと思うが好きでないため)
構成:7
キャラクター:8
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:8
総評:7


◆個人的感想
初期DEAR BOYSからだと「月刊少年マガジン」で
15年くらい連載している八神ひろき氏の代表的バスケット作品。
超名門高校のエースが無名校に入学してくるという所は、
当時読んでいて「キャプテン」の谷口タカオを彷彿とした。
(谷口は補欠だったけど‥)
なにより主人公が既に超高校級プレイヤーであることで、
主人公が素人の場合には良くある「短時間で極度のインフレ」がなく
不自然な奇跡的展開ってシーンはあまり見られない。
そして、スポーツ漫画にしてはキャラクター同士の葛藤人間的な弱さ
という部分も描いていて試合や行動に対する想いが凄くよく伝わってきやすい。
あとプレイ中の描き方も若干線の細い絵柄によって見にくいシーンはあるが、
フォーメンションの使いどころとかフェイントの駆け引き等、
どこか冷たい緊張感みたいなものが上手く描けていると思う。
でも、月刊で連載されているためにリアル(現実の時間)での展開が遅い‥。
(1989年から連載しているなんて‥‥。)
1部と2部では絵や作風も少し違い、
1部の方は哀川にヘラヘラシーンが多く、女キャラとのパンチラもあったが、
2部ではシリアスシーンが多くなり、ほとんど女キャラも出なくなって
話自体も重くなってしまっている。(良くも悪くも)
試合が進むにつれ主人公の哀川と元々センスのあった藤原はいいとしても
他のメンバーのインフレが少なからず気になる。
G-tasteファンにもオススメ??
絵があまり好きではないが、
ストーリーや設定自体は面白いので、‥7点!
406370971X新鉄拳チンミ 20 (20)
前川 たけし

講談社 2005-02-17
売り上げランキング : 33,119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
天覧武道会を制し、大林寺に戻ったチンミは、
心穏やかな修業の日々を過ごしていた。
しかし、大僧正の命を受け、音信不通の辺境の地、
カナン自治区の興林寺へ旅することになった‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:7
構成:8
キャラクター:8
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:7
総評:7


◆個人的感想
「鉄拳チンミ」の続編で今度は長編物がメインの話になっている。
長いこと連載してるなぁと思ったら
月刊マガジンには「風光る」と「なんと孫六」もあった‥‥。
絵の方は昔に比べて安定していて戦闘シーンも動きを感じる。
ストーリーも長編物になったおかげで、
新キャラの掘り下げ、敵との駆け引きが見せれるようになっている。
しかし、チンミの良い所は、ショートストーリーをこなしつつ
それが本編につながって行くという方が良いので、
今のいきなり長編を見せるやり方だと、全体がダラけてしまい、
つまらないと言うほどでは無いがあまり面白くも感じない‥‥。

最近やった外伝編の方がチンミらしい流れだと思う。
あと、キャラがみんな勧善懲悪っぽいので、
悪者・小者・善人とはっきり分かれていて、読んでいても驚きとかがあまりなく、
主人公のチンミもひたむきさには感銘するがどこか薄っぺらい‥‥。
テーマは良くも悪くも「分かりやすい」なので「昔読んでた少年漫画」という感じ。
ある程度大人の人の方がオススメ‥?
さくさく読めて暇つぶしには適しているので、‥7点!
4063635643伝説の頭翔 11 (11)
刃森 尊 夏原 武

講談社 2005-08-17
売り上げランキング : 27,804

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
関東最大を誇る、ギャング・チーマー・暴走族の連合体
「グランドクロス」のトップ、伝説の頭・伊集院翔。
かたやクラスでもまったく存在感がなく、最下層のパシリ役・山田達人。
最強と最弱の2人が偶然に出会い、人生を交換することになってしまった‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:1
画力:4
構成:2
キャラクター:2
オリジナリティ:9
客観的オススメ度:3
総評:2


◆個人的感想
マガジン作品の悪いところを忠実に守った漫画‥‥。
最近また単行本を読んでみたら、ある意味笑えてきた‥‥。
この作者は、完璧なまでのワンパターンなので、
描けば描くほど面白さがデフレしていき、
何故何年にもわたって週刊誌で連載していたのかが、本当に分からない。
まだ、「破壊王ノリタカ」の時は、「練習決闘勝利」だったのが、
途中の作品から最初の練習パートもパンチラパートに変わってしまい
理由もなく勝手に強くなる超ご都合主義‥‥。
ストーリーも皆無でワンパターンだし、キャラも貼り付けた台詞しか喋れない、
絵も悪役キャラの顔がみんな一緒に見えてくるぐらい描き分けれてないし、
構図も適当で矛盾だらけで、読んでいると怒りを通り越して笑えてしまう。
世の中のイジメられっ子の妄想をそのまま描いた媚漫画。
でもこういうスカスカ安直ヤンキー漫画
マガジンに連載すると逆にマガジンっぽくて安心する。
ネタ漫画として読むには、オススメ。
全ての選択肢を間違えているほど逆パーフェクトなので、‥2点!
4063607356鉄腕ガール―Girl professional baseball foundation (5)
高橋 ツトム

講談社 2004-05
売り上げランキング : 89,333

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
当時敗戦国となり、
実質的にGHQを通してのアメリカの支配を受けていた戦後の日本。
加納トメは占領軍相手に水商売をやって生きていた。
ある日、彼女の元にロイヤル桜庭という人物が現れる。
彼が依頼してきた事は野球のテスト。
目的もわからないまま、テストを受けたトメだったが、
そこで彼女の野球の才能が開花する‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:9
構成:8
キャラクター:8
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:8
総評:8


◆個人的感想
野球を題材にしているが普通のスポ根漫画とは違い、
主人公「加納トメ」の人生ドラマ調の作りになっている。

この作者の絵はとても勢いがあり、濃くて太い(バガボンドみたいな)。
ゆえに漫画っぽい漫画よりヒューマンドラマが似合っていて、
この戦後の時代背景にもマッチしている。
キャラクターも使い捨て感がなく、
一見するとベタになってしまいがちの台詞や決めシーンも絵に迫力があり
感情移入してしまう。

あと、スポーツ漫画によくありがちな展開が遅いという足枷も
(一つの試合に時間がかかり過ぎで‥)、試合自体を中心に描くのではなく、
主人公の生き方を表す手段に使うことで
試合数を減らしても違和感無く克服している描き方が上手い。
なので全体のストーリーも途切れることなく進んでテンポよく読める。
悪い点は、前半に比べて後半(米国に渡ってから)が、以前までの勢いが
失速してしまったかなと感じた所と、
すべては画力ありきな面白さなので、
もっと爽快な軽い漫画が好きな人には受け付けないと思う。

多少ベタでもスカッとした漫画が好きな人にオススメ。
高橋ツトム作品はどれもダレることなく安心して読めるので、‥8点!
4047137308低俗霊DAYDREAM (7)
目黒 三吉 奥瀬 サキ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
SM嬢で口寄屋の二つの顔を持つ崔樹深子姫は、
格闘家の都庁職員と共に都会に巣食う低俗霊に立ち向かう‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:8
構成:7
オリジナリティ:8
キャラクター:7
客観的オススメ度:6
総評:7


◆個人的感想
絵も下手じゃないし、テンポもよいので読みやすい作品。
ギャグも入っていて話が重くなりすぎてはいないが、
その分倫理の部分での説得は弱く、
読み終わった後の余韻が少し薄くなってしまっている‥。
あと、個人的には途中親父キャラの見分けがつかなくなった‥。
(キャラの書き分けが不十分?)
安直に倫理を説くわけでもなく、ギャグを織り交ぜながらかいているので、
作品自体に押し付けがましさがなくこのジャンルにしては読みやすい。

逆に「死」に関して語ってたりする漫画は
大概主人公(作者)の主観だったりするので読みにくい物が多い‥‥。
最近、こういう「霊(能力)+死体+COOL」な作品が多いが、
そのなかでは面白い方だと思うが、そのかわり、
この作品はグロいシーンがたくさん出てくるので、好き嫌いはあると思う。
女王様好きの人にはオススメ‥?
読みやすくテンポもいいので、‥7点!
4088767926天上天下 13 (13)
大暮 維人


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
武道の名門である統道学園。
ここに、最強になることを目指す凪宗一郎とボブ牧原が入学してくる。
上学年にも片っ端からケンカを挑んでいく彼らだが、
この学園には自分たちと次元の違う強さを持つ人物がいることを知り、
自分たちも強くなるため、棗 真夜率いる柔剣部に入部するのだが‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:4
画力:9
構成:7
キャラクター:7
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:6
総評:6


◆個人的感想
エロと暴力があって中身がスカスカな作品。
設定とかセリフも勢い重視で取って付けたような感じがするし、
主人公が段々超人になっていくのもベタベタ‥‥。
キャラ絵や細かい背景の描き込みなんかは綺麗なんですけど‥。
でも格闘シーンのスピード感は描かれているかなと思う。
より作者の我が出てるコッチの方が個人的に中途半端な「エアギア」よりはマシ!
絵は綺麗なので、そっち重視な人にはオススメ!
4088738306DEATH NOTE 7 (7)
大場 つぐみ 小畑 健


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
このノートに名前を書かれた人間は死ぬという死神のデスノート。
死神リュークが人間界にそのノートを落とし、
ノートを拾った夜神月は犯罪者達を裁いていく「キラ」となった。
そして、警察のトップ「L」と戦う物語である!


◆評価 (10段階)
ストーリー:9
画力:10
構成:8
オリジナリティ:9
キャラクター:9
客観的オススメ度:8
総評:10


◆個人的感想
ストーリーの作り込みがハンパじゃない。
見る漫画というより、読む漫画!!
先が読めないというか、先を予想したくなる作品
で個人的には、何回も読みかえしてしまう。
しかし、推理が細かかったりセリフばかりで読み疲れてしまうかもしれない‥。
ダラダラし出すとまったく面白くなくなるので
せめて15巻くらいまでにまとめて欲しい。
それを超えると濃密さが無くなりつまらなくなると思う。
あと、第二部になってから話が大きくなり、より複雑化してきたので、
第一部のシンプル(ライト対L)な中に重厚さがあったときと比べると、
あきらかなスピードダウン‥‥。
絵、ストーリーとも作りが上手いので、
推理物とか文章が好きな人には絶対オススメ!!

これからの展開に期待したいので、今のところは少し甘めで、‥10点!
408873808Xテニスの王子様 29 (29)
許斐 剛


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
天才少年・越前リョーマが、
テニスの名門青春学園中等部のテニス部に入部。
そして、先輩たちと全国大会制覇を目指す。


◆評価 (10段階)
ストーリー:2
画力:5
構成:1
キャラクター:6
オリジナリティー:8
客観的オススメ度:5
総評:3


◆個人的感想
この漫画の面白さが全くわかりません‥‥。
イケメンの男ども(中学生)がわんさか出て、
皆さん超人的‥‥。‥許斐先生舐めてます??
ある意味ジャンプで、1番ツッコミを入れてしまう作品!
ネタ漫画として割り切って読めば、怒りも少しはおさまる!!
腐女子の方のみオススメです。
4088738322D.Gray-man 5 (5)
星野 桂


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
「機械」と「魂」、そして「悲劇」を材料に生まれる悪性兵器AKUMA。
これを用いて世界の終焉を目論む千年伯爵と、
主人公アレン・ウォーカーらエクソシストとの
戦いを描くファンタジーストーリー。


◆評価
ストーリー:8
画力:8
構成:7
キャラクター:8
オリジナリティー:8
客観的オススメ度:9
総評:8


◆個人的感想
バンバン人が死んで、話的にも基本暗めです。
でも、ストーリーもきちんと作ってあり絵もキレイなので、
そこがOKな人にはお奨めかな、と。
ダレなければ終盤に向かって盛り上がり、
面白くなりそうなので、これからにも期待大です。
あと、キャラもかわいい系なので、
ハガレン好きの皆さんにはキャラ萌も期待出来そうです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。