淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4088740246ロザリオとバンパイア 5 (5)
池田 晃久

集英社 2006-02-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
高校受験に失敗してしまった、ありきたりで平凡な少年・青野月音。
しかたなく親が見つけた陽海学園に入学するが、
ナントそこは妖怪たちだけしか通っていない学校だったのです‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:7
構成:6
キャラクター:6
オリジナリティ:5
マニア向け度:8
総評:6         (少し甘め)


◆淡々と個人的感想
綺流斗-キルト-」の作者池田晃久により、
2004年から月刊少年ジャンプで連載されている漫画。

ストーリーは、前半と後半(4巻くらい)で作風が違い、
前半はモロにパンチラ恋愛漫画の様式で、
後半は主人公とヒロインの種別を超えた恋愛にスポットを当てた
やや長編のシリアスバトル漫画様式になっていた。
読む人の好みにもよるが、
個人的には前半のコミカルな作風の方が良かった気がする。
さえない主人公とアイドルと言う垣根に加え、
人間妖怪という障害がプラスされたことによって、
王道ながら一応の変化をつけているところに新しさを感じ、
序盤の方は物語のテンポも良く、1話完結の話の中に足早ながら
筋立てがきちんとあり、見るべきところをさくさく見せている。

しかし、「主人公・月音が入学した妖怪達だけしかいない学校の名前は
陽海(ようかい)学園‥」、
「第1話で学園のアイドル(もちろんミニスカ)と通学途中にぶつかり
太ももタッチ&抱きつき‥」という展開だったりと
1部の人にとってはご法度的なお約束の嵐‥
細かい背景や単純な画力だけ見ると下手ではないが、
キャラ顔が丸々のムチムチなのが、
後半のシリアス展開に全く合ってない
(クレイモアビィト黒姫などと共に月ジャンでの4本柱らしいので、
編集による長期連載に向けてのテコ入れ?)
この作者は、前作の綺流斗でもそうだったが、
シリアスになると言っているセリフが物凄く薄っぺらく感じる
こういうお約束的王道恋愛モノは悪い意味で先が分かってしまうので
どういう敵が出てきて、途中どんなピンチになろうが、
最後は無難なハッピーエンドになると言う
定番が待ち受けてしまっているのだと思う‥。

かわいい女キャラが好きな人にはオススメ。
昔のギャグテンポの時はまだ読めたが、
今のシリアス展開には辟易なので、‥6点!


<関連レビュー>
CLAYMORE(2005/08/01付)
冒険王ビィト(2005/11/09付)
魔砲使い黒姫(2005/11/14付)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。