上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4091248810ARMS (1) 少年サンデーコミックススペシャル
皆川 亮二 七月 鏡一

小学館 1997-11
売り上げランキング : 193,008

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
神の腕を持つ少年・高槻涼。
謎の転校生・新宮隼人が、涼たちに突然襲いかかった。
奇妙な腕の正体、そして彼が口にした「ARMS」とは‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:8
構成:7
キャラクター:7
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:7
総評:7


◆個人的感想
キャラの個性や掘り下げ方や、何より戦闘描写が印象的な作品。
ストーリーもしっかりしていて、
張ってた伏線もちゃんと回収して解決していた気がするし、
一番最初と一番最後の描写(ツバメが飛ぶシーン)に関連を
持たせていたのには思わず読んでいて驚いた。
ただ、どんなに追い詰められても結局は新たな力が目覚めて、
主人公側が勝利する展開ははっきり言ってご都合主義。
強さのインフレも結構激しく「落ち込む仲間に渇を入れられる立ち直る
っていうパターンがワンパターン過ぎてクドく感じる。
決め台詞も「力に溺れない」とかお決まり物をイチイチ繰り返して、
ちょっと説教臭く感じてしまった。
個人的には、スプリガン>ARMS>D-LIVEな作品。
この作者のファンならオススメです。

最終章は少し蛇足的だったが、
それまでは読んでいても飽きなかったので、‥7点!
スポンサーサイト
ウダヒマの表紙
(Amazonに画像が無かったので貼り付けのみ)


◆ストーリー
女の子目当てで桜城高校に入学した島田亜輝と赤城直巳。
ところが入学早々、住崎玲央率いる番長グループとモメてしまった。
男に興味のない亜輝はシカトを決めるが、
直巳は一目惚れした青田麦子が玲央の彼女であることを知り、
決闘の申込を受ける‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:6
構成:8
キャラクター:8
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:6
総評:6


◆個人的感想
フルアヘッド・ココ」、「SWITCH」などの作者が以前描いてたケンカ漫画。
キャラクターが充実していて、さくさく読みやすい作品。
特に天草銀(アマギン)・荒場凪などのキャラクターには、
主人公格並みの掘り下げがあり読んでいても魅力的だった。
この作者の敵キャラはとても生き生きしている。
だが、肝心のストーリーや設定が薄すぎる!

高校生がケンカしながら北海道や大阪に全国行脚‥。
そこに思想や理由も特になく
強いやつと戦いたい」だけみたいな感じになっているし、
その延長で最後は秘密組織のような奴らともバトル‥‥。
作中の中でもバトル漫画に良くありがちな「無茶なシーン」がよくある。
SFファンタジーの「フルアヘッド・ココ」だったらそれも受け入れれるが、
現代青春漫画の「ウダヒマ」でやられると違和感ありありです‥。

この作者は完全にSF物で光ると思う!!
キャラ好き、シーン(場面)重視で読む人にはオススメ。
毎回変わる単行本の表紙絵は好きだったので、‥6点!
4091935214うしおととら (11)
藤田 和日郎

小学館 2005-07-15
売り上げランキング : 16,023

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
蒼月潮は自宅の蔵で槍に刺さっていた妖怪をなりゆきから解放してしまう。
うしおが「とら」と名づけたその妖怪は、
かつて近隣一帯を恐怖のどん底に叩き落していた大妖怪であった。
そして獣の槍の伝承者となったうしおは、
とらと共に様々な妖怪との戦いを繰り広げる‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:10
画力:7
構成:9
キャラクター:10
オリジナリティ:9
客観的オススメ度:9
総評:10


◆個人的感想
自分の中では、「GS美神」「今日から俺は」と共に
サンデー黄金期を支えていた漫画!
10巻くらいまではよくある妖バトル物だと思っていたが、
だんだん世界観が広がっていき、
最後にすべてが集約していく様は圧巻!!

当時まだ若かったのもあるが、この作品を読んで素直に感動出来た!
ストーリー、伏線、キャラ、どれをとってもレベルが高く、
特に決めのシーンは見ごたえがある(ベタだが)。
あれだけの登場人物をすべて描き分け、
最終局面で大量の複線をきれいに消化し、
33巻という長丁場を飽きさせることなく
最後まで読ませる技量は本当にすごいと思う。
比べて今の「からくり‥」が長すぎてダラけてしまっているのが残念‥‥
(30巻前後で完結出来れば良かったのに)。
途中から読んだりすると面白さ半減なのでまとめて読んでもらいたい。
この絵がどうしてもダメな人、
ベタな展開が嫌いな人以外には是非オススメです。

個人的には完結の少年漫画の中でベスト5に入る作品なので、‥10点!
4063491048AMONデビルマン黙示録 4―THE DARKSIDE OF THE DEVILMAN (4)
永井 豪 衣谷 遊

講談社 2002-08-23
売り上げランキング : 48,171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
悪魔・アモンと合体し、
悪魔の魔力と人間の心を持つ「デビルマン」となった不動明。
そしておそるべき力を備えた悪魔たち(デーモン軍)が
次々と攻撃をしかけてくる!!
そして人類の運命は‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:8
構成:5
キャラクター:6
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:6
総評:6


◆個人的感想
「デビルマン」の番外編(アナザーストーリー的?)な作品。
原作の方は全く見ていなかったので、
本作を読んで「『デビルマン』ってこんな設定だったんだ」と驚いた。
絵の描き込みも上手く、怒りなどの心理描写もよく伝わってくる。
恐怖に混乱し悪魔の心を持ってしまった人間と
人間の心を持ち続ける悪魔それぞれが、
相対するものとして描かれているのは、読んでいて面白かった。
しかし私が、原作を読んでないのを差し引いても全体的に分かりにくい。
全6巻の中で現代→古代→現代と時代背景が飛びまくっていて、
せめて過去(シレーヌ&AMON編)か現代(デビルマンのリメイク編)
どちらかの話に絞った方が良かったと思う。
やはり了と明の関係など明確に描いてないのが気になった。
原作を読めば分かるのだろうか?
「デビルマン」ファンにはオススメだと思う。
絵は上手かったが、この作品に思い入れを感じれなかったので、‥6点!
4063613577RED 18 (18)
村枝 賢一

講談社 2005-07-06
売り上げランキング : 12,691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
19世紀末、アメリカ西部。
日本を逃げ出したサムライ、伊衛郎は1人のインディアンと出会う。
彼の名は、レッド。
街の保安官バーンズの持つ合衆国騎兵隊の階級章をレッドが見た夜、
慟哭と共に大殺戮が始まる‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:9
構成:8
キャラクター:9
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:7
総評:8


◆個人的感想
連載(ヤンマガ)の方は完結しそうだが、単行本派なので18巻までの感想。
重いテーマにしては読みやすいし、
アクションも勢いが濃厚な割にはテンポも良くしつこくなり過ぎていない。
名前の色縛りも個人的に好き。
一人一人のキャラを掘り下げてから殺すという、
ベタだが効果的な描き方をしている。
感情移入させてからそのキャラを殺すと言うのは、
逆にゴミの様にやられる雑魚キャラを描く漫画(GetBackersとか‥)
なんかより全然作品に愛を感じる。
その分残酷シーンも満載で
難しいテーマである人種問題も相なって作風全体が重くなっている。
また、なんでもかんでも重要な所は「血」でごまかしている気がする‥。
スカーレットは嫌いじゃないんだけど、どうもウイシャに目覚めた経過がなく、
主人公側の心情もコロコロ変わってしまっている感がある。

カッコつけ(偽善ぽいの)が許せる人にはオススメ。
後半ダレたが7巻までは抜群に面白かったので、‥8点!
406361350X妹は思春期 6 (6)
氏家 ト全

講談社 2005-08-17
売り上げランキング : 369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
兄の名前はシンジ。妹の名前はカナミ。
両親の都合でふたりで暮らしているけど、
たくさんの仲間に囲まれたフツーの兄妹。
たったひとつ違ったのは、妹は下ネタ全開だった‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:6
構成:8
キャラクター:6
オリジナリティ:9
客観的オススメ度:6
総評:7


◆個人的感想
まさにエロくない(?)エロギャグ漫画!
週刊マガジンで連載している「女子大生家庭教師濱中アイ」と同じ作者
(作品コンセプトも全く同じで設定が違う)。
言ってること(下ネタ)はキツイが
あっさり淡々と進んでいく4コマなのでそんなにエロくも感じない。
あと、エロい絵が一切ない下ネタ一本で勝負している姿勢が
「本格バトルを売りにしときながら実はパンチラ漫画」な作品よりも全然マシ!
一つ一つの完成度が高く連載雑誌で少しずつ読むのには適しているが、
単行本で一気に読むと疲れてしまう‥。

「濱中アイ」とは違ってコッチはキャラがたくさん出てくるので、
読み飛ばすと知らない新キャラが出てきてたりする‥。
実際、最初の頃はキャラの見分けがつかなかった‥‥。
下ネタオンリーなので嫌いな人は嫌い!!
パンチラ的シーンもないので女の人にもオススメ?
この作者、よくこんなに
下ネタのバリエーションを考えるなぁと感心するので、‥7点!
406321169Xああっ女神さまっ (31)
藤島 康介

講談社 2005-09-21
売り上げランキング : 65

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
機械いじりとバイクが趣味の平凡な大学生・森里螢一は
ある日、「お助け女神事務所」に間違い電話をかけてしまった。
すると鏡の中からベルダンディーと名乗る女神が現れた。
さらに、ベルダンディーの姉・ウルド、妹・スクルドも螢一の家にやってきて‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:9
構成:7
キャラクター:8
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:7
総評:7


◆個人的感想
今作は1988年より「アフタヌーン」で超長期連載している。
言わずとしれた作者・藤島康介の画力はとても高い!
特にカラー時の線の細かさ柔らかさは一つの絵として完成している。
キャラも個性的できちんと描き分けが出来ていて、
冴えない主人公の元に美少女が集まる」というお決まりパターンも
当時ではまだ新しかったと思う‥。
しかし、一つ一つのストーリーは悪くないのだが、長期連載にありがちな
「ファン人気によって終われなくなって惰性で続いてしまっている」
という状態になっている気がする。
また、現在では完全に主人公とヒロインが
相思相愛になってしまっているので今更のドキドキ感もないし‥。
個人的には「小っちゃいって事は便利だねっ」の方が面白くなってきた。
往年のファン&今まで読んだ事ない人にはオススメ。
一話一話は面白いがさすがにマンネリなので、‥7点!
4091532411格闘美神武龍 11 (11)
石川 優吾

小学館 2005-08-05
売り上げランキング : 30,733

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
大阪のとんぼり高校2年生・毛蘭(マオラン)はとっても強い女子高生。
最強の拳法・毛家居合拳を自在に扱い、街の悪をなぎ倒す。
そんなランが、プライムマットという格闘技のリングで戦う羽目になってしまい‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:2
画力:5
構成:4
キャラクター:7
オリジナリティ:5
客観的オススメ度:6
総評:3


◆個人的感想
「どりる」の時もそうだったが、個人的にはこの作者のギャグは笑えない‥。
今回の話も「強敵→特訓→強くなる」と言うワンパターンで
どんなに苦戦してても必殺技一発で倒してしまうし、
主人公の女子高生もただのパンチラ要員で闘う理由も薄い。

キャラの心理描写も一貫性がなくていきあたりばったりで、
特訓や試合にも現実感が全くなく、作者のご都合で描かれた感じ。
ギャグとシリアス(しかも薄い)がどっちつかずになってしまって
メリハリが出来ていなく、悪い意味で淡々と読めてしまう。
アニメ化したのもパンチラ漫画だからか‥?
キャラ重視の人にはまだ読めるかもしれないが‥。
ストーリーがお世辞にも面白いと言えないので、‥3点!
まだ「カッパの飼い方」の方が面白い‥‥。
4063368955極東学園天国 4 完 (4)
日本橋 ヨヲコ

講談社 2000-09
売り上げランキング : 18,376

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
徴学令という制度が施行され、高校まで義務教育になってしまった時代。
私立五色台学園は、主に不登校・問題児など
一般の学校生活に適応しない生徒のための超全寮制の学校で
入学から卒業に至るまで一歩も校外にはでる事はできない。
そんな学校にある日転校生(平賀信号)がやってきて‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:6
構成:8
キャラクター:7
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:6
総評:7


◆個人的感想
全体的に「ぼくらの七日間戦争」なノリ。
「G戦場ヘブンズドア」に代表される
日本橋ヨヲコ氏の独特なクセがある漫画であり、
ベタと言うかよくあるお約束的な設定だが、キャラが生きている。
天才キャラも多く青臭い台詞を吐くシーンもたくさんあるが、
ただカッコいい台詞を言いたいだけではなく、
天才故の苦悩みたいな物もきちんと描かれていて、
悪人出て来てピンチ天才が簡単に解決する
みたいな安直な図になっていない。
1巻・2巻が学食争奪戦編で3巻・4巻は学園廃校危機編に別れている。
一つ一つのストーリーは良かったが、
最後のところが尻切れ気味(打ち切り?)になってしまい
全体を通しての話が薄くなってしまったのが残念‥。
最初から全4巻と言う考えで描いて欲しかった。
大人になってからより学生のときに読んだ方が感動しそう。
全体的には悪くないが、
決め台詞にあまり共感できなかったので、‥7点!
4063724530働きマン 2 (2)
安野 モヨコ

講談社 2005-07-22
売り上げランキング : 386

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
週刊「JIDAI」の編集者として働く松方弘子(28)は、
世界的に通用する雑誌を創る夢のために、猛烈に働いている。
疲れきって家に帰って倒れるように寝るだけの生活、
恋人とのすれ違い、いらだちや不安、上司や同僚との関係がリアルにある‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:6
構成:7
キャラクター:8
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:7
総評:8


◆個人的感想
女の目線で描いている青年漫画という感じで、
安野モヨコ氏の作品は他の少女漫画に比べて読める。
まだ巻数が少ないのに(10/17現在)
一人一人のキャラ設定・描き分け等は上手く出来ていると思う。
キャラの心情がインタビュー形式で載ってたりするのも良い。
答えがない日常の疑問、不条理などを淡々と描いていき、
それに対する答えも出してはいないが、一応の結果は一つ一つに出している。
個人的にはこういう一話完結のショートストーリーの方が長編物より好き。
一話一話のストーリーがあり読みごたえがあるが、
そのかわり全体のテンポは遅い‥。

まだ最初の方なので、登場人物の紹介みたいになっているし、
絵もクセがあって上手いとは言い辛い(萌とは縁遠い)‥。
あと、主軸はタカビーな女(間違ってもツンデレではない)が
縦横無尽に動き回るという
この作者らしい作りになっているので、人によっては嫌いな作風(キャラ)かも‥。
学生の人より社会人にオススメ。
漫画ゆえの非現実的な良さは残しつつ、
リアルな描写は読んでいて面白いので、‥8点!
409153127XDr.コトー診療所 17 (17)
山田 貴敏

小学館 2005-08-05
売り上げランキング : 460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
本土から船で6時間かかる離島(古志木島)のたったひとつの診療所に赴任し、
奮闘する青年医師・五島健助とかたくなに心を閉ざす島民が
次第に五島医師に心を開く過程、
人間的なふれあいを描いたヒューマンドラマ。


◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:7
構成:6
オリジナリティ:6
キャラクター:6
客観的オススメ度:8
総評:7


◆個人的感想
ベタベタな設定だが、
普段は頼りないほのぼのとした雰囲気の主人公「Dr.コトー」が、
いざと言うときに男らしさ、頼もしさを発揮するという医療漫画。
展開が早く、こういった医療物にしてはとても読みやすいが、
1話1話のストーリーキャラ設定の掘り下げがあまりできなくて、
大手術の割には術後薄い印象になっている話も少々ある‥。
全体的に手術の場面や医療のあり方、思いテーマを訴えかけて
その過程で結果が出てくるのではなくて、
結果(めでたしめでたし)が描きたいが為に
事故や病気、問題を出している気がしてならない(過程<結果)。
個人的には淡々としていて主人公(作者)の意見の本質が伝わってこない‥‥。
しかも、絶対に主要キャラは死なない‥
(ゴッドハンド輝の青年漫画版の様?)
さくさくと読める王道ものなので、ライトユーザーにもオススメ。
基本的に面白いが、良いとこ取りのベタ展開なので、‥7点!
4091272215YAIBA 21 新装版 (21)
青山 剛昌

小学館 2005-03-18
売り上げランキング : 329,343

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
父とともにジャングルで修行にはげむ型破りの少年剣士・鉄刃(ヤイバ)!!
そして今度は、新たな修行の地日本で、サムライ魂一直線!


◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:7
構成:7
キャラクター:8
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:8
総評:7


◆個人的感想
サムライ少年がとりあえず敵を倒していくという、王道漫画。
ストーリー展開は単純だったが、
テンポがよく巻数も全24巻と長かった割には
ダラダラしたところが少なかった。

今読み返して当時ほどの面白さはあるかどうか分からないが、
当時読んでいた漫画の中では面白い部類に入っていた。
一回かぐやの所で上がりまくっていたインフレが、
鬼丸の所であまり不自然じゃなく下がった(剣を捨ててリセット)
ところも描き方がうまいと思う。
今のダラダラ探偵コナンより全然面白い!
個人的にはかぐや編(魔王剣)が好きだった。
だが、刃達のここぞといって出てくる、
決め台詞」がクサ過ぎて自分にとって少し不快に思えた‥。
王道漫画が好きな人にはオススメです。
ベタ(幼稚)な設定だがテンポも良く読みやすいので、‥7点(辛めで)!
4088736400BLACK CAT (19)
矢吹 健太朗

集英社 2004-08-04
売り上げランキング : 52,313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
秘密結社クロノスの暗殺グループであるナンバーズに才能を認められ
特例の13番として裏の世界では最強と言われた男トレイン=ハートネット。
ある日、彼は殺された親友の女性の影響で
組織を逃亡し掃除屋として生活するようになる‥。


◆評価
ストーリー:4
画力:8
構成:4
キャラクター:7
オリジナリティ:2
客観的オススメ度:5
総評:5


◆個人的感想
絵とかキャラとかは嫌いじゃないんだけど、如何せん「何も残らない」漫画。
全20巻あったけど、
とにかく主人公や敵が言ってたりする台詞に何の重みも無い!
取って付けた様なカッコ良さしか描かれていない‥。
(実際取って付けちゃってるけど‥‥。)
細かいパクリ疑惑には自分は分からないけど、
パラパラ読んでいてもこの作品の
他作品からいいところだけ集めたオリジナリティーの無さ
はガンガンに感じる‥。
(パクリがどうのこうのと言うよりも作者の作品への愛情が感じない。)
主人公達も特に努力もしないで、
レールガンナノマシン(イヴ)というインチキ技‥。
個人的には、当時ジャンプの中の「Get Backersの位置」でした!
逆に「テニプリ」の様にギャグ漫画として読めばまだ読めるかも‥?
なぜ今更アニメ化なんだろうか‥。
でも今カード化したら売れちゃいそう‥‥。
絵は悪くないと思うのでキャラ萌の人にはオススメ(MAR系?)。
怒りが生まれるほどじゃないが、何も感じないので、‥5点!
4107712206エンジェル・ハート (15)
北条 司

新潮社 2005-06-09
売り上げランキング : 698

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
シティーハンターの時代から数年後、平和になったはずの新宿に災いが・・。
それは史上最強の暗殺者、彼女・香瑩のコードネームは「グラスハート」。
しかし、香の心臓を移植したことにより
グラスハートと呼ばれた彼女の心に感情が生まれた‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:8
構成:7
キャラクター:7
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:8
総評:7


◆個人的感想
シティーハンターの続編(でも作者的にはパラレルワールド)。
前作シティーハンターの世界観を壊さず、且つ新鮮なつくりになっている。
全体的にハードな話はあまり無く、ほのぼのな話が多い
(冴羽リョウも年を取ってきているので?)。
アクションが好きか人間ドラマが好きかで好き嫌いに別れると思う。
作者の画力やセンスは今だ衰えず感じるのだが、
やっぱり前作の勢いを薄めてしまった感がするのは否めない。

個人的には、シティーハンター時の、分かっていても
美女の依頼を受ける→リョウが派手なアクションで解決
というパターンがカッコよく好きだったので、
今の人間描写の方がしっくりとこなくて読みにくい。
シティーハンターの世界観が好きだった人にはオススメ。
つまらなくはないが、
香あってのCity Hunterだと改めて感じたので、‥7点!
4253203116元祖!浦安鉄筋家族 (11)
浜岡 賢次

秋田書店 2005-10-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
千葉県浦安市に住んでいる小鉄をはじめとする、
大沢木家やその友達が毎回起こすドタバタ喜劇!!


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:6
構成:6
キャラクター:8
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:6
総評:6


◆個人的感想
話のアクが強すぎるため、極端に人を選ぶ作品。
1話完結のギャグ漫画で、特に思想も作品を通しての訴えもないので
何も考えずにさくさく読める。
キャラも豊富で作品におけるお約束ギャグもあり暇つぶしにもってこい。
特に下ネタやプロレスネタが好きな人にとってはツボだと思う。
個人的にはたまに読んでみると面白い程度(花園垣のキャラが好きだった)。
だが、笑いもとり方がとても幼稚で、
「小学生が下ネタ言っただけで笑う」という感じになっている。

作品全体が下ネタ(スカトロ)、プロレス(暴力)、で形成されているので、
その手の話が嫌いな人には全くオススメできない。
嫌いな人には、一生読まれることがないだろう‥‥。
これだけのキャラや下ネタのみで
やってきているセンスはあると思うので、‥6点!
4063635635ツバサ―Reservoir chronicle (11)
CLAMP

講談社 2005-08-17
売り上げランキング : 972

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
考古学者を志す少年小狼と、クロウ国の姫サクラは幼なじみ。
ある夜サクラは、彼女の持つ力を手に入れようとする
飛王の陰謀によって、すべての記憶を失ってしまう。
羽根となってさまざまな次空に飛び散った記憶を集め、
サクラの命を救うために、小狼は異世界へと旅立つ‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:7
構成:7
キャラクター:7
オリジナリティ:5
客観的オススメ度:6
総評:6


◆個人的感想
少女漫画家(?)のCLAMPが描く少年漫画。
ストーリーは比較的王道で絵(ワザ下手?)や構成も悪くはないが、
なぜかあまり面白いと感じない。

最初の頃は「王道さ具合」も楽しく読めていたのだが、
桜都国の辺りからついて行けなくなり、レース編で力尽きました‥‥。
一つの国(話)の重みも薄くなってきている‥。
キャラも一人一人は特徴があり好感の持てるキャラが多いのだが、
いかんせん使いまわし過ぎ‥‥。

「ツバサ」の中でも使いまわしているのに他の作品からも引用するのは、
それを知っている一部のファンしか喜ばない。
それが上手くストーリーとマッチしていないし、
他のキャラを知らない自分にとっては「待ってました感」も何もない。
(スティール・ボール・ランの劣化版の様‥)
少年系の漫画は向いてないと思うので、
少女漫画かもしくはもう少し年齢層を上げた方がいいと個人的には思う。
CLAMP信者や特定のキャラ萌目的の人にはいいかもしれない。
この作品よりも「XXXHOLiC」の方が面白いのでとりあえず、‥6点!
4063143813蟲師 (6)
漆原 友紀

講談社 2005-06-23
売り上げランキング : 1,762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
ヒトと蟲との世が重なる時、蟲師・ギンコが現れる。
およそ遠しとされしもの一見慣れた動植物とはまるで違うとおぼしきモノ達
それら異形の一群をヒトは古くから畏れを含みいつしか総じて「蟲」と呼んだ。


◆評価 (10段階)
ストーリー:10
画力:7
構成:9
キャラクター:8
オリジナリティ:9
客観的オススメ度:10
総評:10     (少し甘め)


◆個人的感想
一話完結形式なのでどこから読んでも、読みやすい漫画。
短編なのに一つ一つの話にストーリー・構成(人物、蟲ともに)・テーマが
しっかりあって作品自体とても濃厚に出来ている。

一見するとホラーにもなりかねないこのジャンルをしっとりとした、
それでいて独特な世界観でわかりやすく表せている。
絵やストーリーなんかも日本風という感じで「趣」がある。
蟲という物を主題に当てているのに直接的には蟲の意見を描かず、
それを取り巻く人間達(ギンコなど)を通して蟲の存在を際立たせている。

ただ若干絵が上手いがあっさりしているのと、
濃厚でテーマが重目なのでさくさく読み辛いのが難点‥‥。
漫画好きの人なら是非オススメ。
全体的なクオリティーが一定して高いので、‥10点!
4063143848おおきく振りかぶって Vol.4 (4)
ひぐち アサ

講談社 2005-07-22
売り上げランキング : 626

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
中学時代に「経営者の孫だからエースになった」という
自分にまったく自信のない投手、三橋。
三橋は逃げ出した先の高校でも強力強引な女監督モモカンに引っぱられて
野球部に入部することになってしまう‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:7
構成:9
キャラクター:8
オリジナリティ:9
客観的オススメ度:8
総評:8


◆個人的感想
野球漫画というより野球好き漫画(良い意味で)。
人物の心情が「まっすぐ」に描かれ、
人々は互いの心情を彼らなりの正直さでぶつけ合っている。
でもその描きかたは一見ストレートに見えて、
実はストレートとは違った新しい主人公像をあらわせてもいる。
作者がどんなに力いっぱい直接的に人と人を繋げても、
複数の視点を平坦に描く独特の距離感はこの作品にもちゃんと残っていて、
不思議な印象を読むものに与える。
そしてそれが作品の魅力になっている。

きちんと理論に裏打ちされて、
根性論でない理論的なスポーツ漫画(「ドリームス」のような)。
あと、試合よりも練習してるところの方が面白い。
正直言うと個人的にはこの作者の絵(キャラの顔が一緒に見える)や
作風はあまり好きなタイプではない。
しかし、それでもこの作品には
読んでいて納得してしまう箇所がたくさんある(矛盾が少ない)。
少女漫画風の絵や線が好みでない人にはオススメできないかも。
ストーリー展開はとても面白いが、
個人的に絵がタイプではないので、‥8点!
4088766954リアル (4)
井上 雄彦

集英社 2004-11-19
売り上げランキング : 10,021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
バスケをやめてから何をやっても上手くいかなくなった男、野宮朋美が
古ぼけた体育館で車イスの男、戸川清春と出会ったことから物語は始まる‥。


◆評価
ストーリー:10
画力:9
構成:8
キャラクター:8
オリジナリティ:10
客観的オススメ度:10
総評:10


◆個人的感想
野宮、清春、高橋、三人の登場人物を中心として、
決してご都合主義的な漫画ではなくて、現実主義的な作品になっている。
普通こういう障害者を扱った作品は、どこか説教臭かったり、
「障害者かわいそうだね‥」みたいな感じである種の固定観念が入り、
読んでいるというより、読まされている感が強くなりがちだが、
この作品はそうなるのを上手く避け客観的に描けている。
ストーリーは結構重いが井上雄彦の画力もあいなって読み応えがある。
スラムダンクやバガボンドのように一般受けする題材ではないが、
まだ巻数も少ない分メッセージはより強烈!
交通事故→障害者という
誰しも「絶対にありえない」とは言い切れないリアルがそこにはある。
個人的には、高橋の事故シーンが印象的!
若干ストーリー重いが万人にオススメ。
まだ巻数は少ない(遅い)が、
井上氏のセンスは健在なので今のところは、‥10点!
4091572049ブラック・ラグーン 4 (4)
広江 礼威

小学館 2005-07-19
売り上げランキング : 1,140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
岡島録郎は日本の商社マンだったが、
ある事件が元で運び屋の見習い水夫(ロック)に転職することに‥。
ダッチ、レヴィ、ベニーと共に
改造漁雷艇(ブラックラグーン号)を駆り突っ走る‥‥。


◆評価
ストーリー:6
画力:8
構成:8
キャラクター:8
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:8
総評:7   (少し辛め)


◆個人的感想
いかにも漫画好きが好きそうな漫画。
読んでいて、昔あった「GUN SMITH CATS」を彷彿させた。
他のレビューサイトなどで評価が高かったので読んでみたが、
KING OF BANDIT JING」や「トライガン」のような
ぶっ飛び系ガンもの(?)なんだけど、
それらに比べてストーリーが少し薄い感じがする。
主人公達は絶対死なないバリアがあるし‥。
特に個人的にはロックにまったく感情移入出来ない‥‥。
ごく普通の男が事件に巻き込まれて、
最初は情けなかったが段々と活躍していく、というGSの横島
のように描きたかったのかもしれないが、
すでに最初から普通の男じゃなくなっている‥‥。
なんで典型的な日本人サラリーマンがいきなり銃を撃ちまくれるのかが疑問。
作者の自慰作品に見えてしょーがなかった。
でも回が進んで行くごとにテンポが良くなって読みやすくなってきた
(このテンションに慣れてきた?)。
レヴィのタトゥーやバラライカの傷などキャラにも良い味が出ている。
ガンアクションファンにはもってこいの作品。
ロックのキャラにもう少し好感が持てれば+1の、‥7点!
4088574508キン肉マン2世 BATTLE29 (29)
ゆでたまご

集英社 2005-08-19
売り上げランキング : 1,245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
平和だった地球が再び悪行超人たちの手によって脅かされている。
伝説超人も歯が立たない。
そこで、キン肉マンの息子「キン肉万太郎」に白羽の矢が立てられた‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:6
構成:7
キャラクター:7
オリジナリティ:5
客観的オススメ度:7
総評:6


◆個人的感想
キン肉マンの続編。
最初はストーリーも行き当たりばったりで前作の劣化版のように感じたが、
読んでいくと気にならなくなってきた。
連載誌がジャンプからプレイボーイに変わったことにより、
キン肉マンの世界観も分かりやすい超・勧善懲悪ものではなくて
少年誌などでは表せない複雑な人間心理などを描いている。

キャラとかは前作より引き継いだものが多いが、
作風は技とかも本格的になって前作とは違う(良くも悪くも)。
でもやっぱり、ストーリーのやっつけ感&マンネリはある。
連載も長くなってきたのでダラダラ感じる箇所も多い。
昔、キン肉マンを読んでいたファンにはオススメ。
連載が長くストーリーがマンネリに感じるので、‥6点!
409126560Xモンキーターン 30 (30)
河合 克敏

小学館 2005-02-18
売り上げランキング : 20,582

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
子供の頃からプロ野球選手になることが夢だった波多野憲二。
しかし野球部監督の筒井は、そんな憲二に違う才能を見出していた。
そしてある日、以前の筒井の教え子で
プロ・ボートレーサーの萩原麻琴に憲二を会わせることを画策して‥。


◆評価
ストーリー:6
画力:7
構成:8
キャラクター:7
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:8
総評:7


◆個人的感想
物語は淡々と進んでいく感じで、
競艇というマイナーなジャンルを
きちんとした競技として描いたのには好感が持てる。

競技の基本さえ分かっていないど素人にも分かるような丁寧な構成。
(アイシールド21のような?)
しかし、前作の「帯ギュ」のときからそうだったが、
変に恋愛分野に手を出してどっちつかずになっている気が‥。
(特に後半の三角関係のところ)
ヒロインの幼馴染み設定とか性格かぶっているし‥‥。
あと、青島をプッシュしたいなら恋愛がらみじゃなくて、
レースにおいてすればよかったと思う。
自分の中では波多野が初めてSGを取ったところがMAXだった。
ベタベタなスポーツ漫画が嫌いな人にオススメ。
面白いが、後半明らかにトーンダウンだったので、‥7点!
4785924993HELLSING 7 (7)
平野 耕太

少年画報社 2004-12-27
売り上げランキング : 4,018

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
大英帝国の王立国教騎士団、通称「ヘルシング機関」。
そこには、ヘルシング機関の切札であり、
当主インテグラに服従する不死身の吸血鬼アーカードがいた。
しかし、南米に逃れていたナチスの残党「ミレニアム」が英国本土を空襲‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:7
構成:8
キャラクター:9
オリジナリティ:10
客観的オススメ度:6
総評:9


◆個人的感想
クセのある割にはさくさく読める作品。
(単行本が出るまでが長いが‥)
このマンガの基本となっているのは、狂信的な思想と信念、そして狂気。
キャラクターの魅力を徹底的に引き出し、忘れられない台詞回し、
鳥肌が立つような見せ場がまさに独創的。
世界観が気に入るか否かで評価が徹底的に分かれるでしょうが、
狂いつつもそれぞれの理想や信念をぶつけ合う描写がとてもいい!
個人的にはミレニアムの少佐のキャラ(セリフ)とか
巻末のルークとヤン劇場が好き。
この人の漫画を初めて見たのは
数年前にはあったコミックゲーメストという雑誌の読み切りだった。
(確か東京BINGO団とか言う題名‥)
その時からぶっとんでいた。
一巻を読んでダメだったら諦めて下さい。
ぶっとび具合がツボなので、‥9点!(あくまで個人的には)
4537098910銀牙伝説ウィード (1)
高橋 よしひろ

日本文芸社 2000-01
売り上げランキング : 304,051

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
巨熊や狼と死闘を演じた伝説のボス犬、「銀(ぎん)」。
時は経ち、今その息子「ウィード」が未だ見ぬ父に会うため、
遠く北アルプスから奥羽目指して走り出した。
勇気を武器に突き進むウィードを待ち受ける試練とは‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:6
構成:7
キャラクター:8
オリジナリティ:5
客観的オススメ度:7
総評:6


◆個人的感想
銀牙(流れ星 銀)の続編。
この作品もよくある「人気作品のパート2は劣化版!」になっている。
(キン肉マンⅡ世、暁!!男塾、等)
銀牙の時は、ベン、ジョン、赤目、甲斐三兄弟、紅桜や赤カブトにいたるまで
キャラが立ちまくっていて、
犬が喋っていようが、漢らしさに感情移入して読んでいた。
でも、赤カブト編が終わってから、「敵のデフレ化」が始まり、
熊→狼→改造犬→野良犬→猿」。
どう見ても熊より強そうな相手はいない‥‥。
ストーリーもマンネリ化してきてダラダラやり過ぎ。
法玄なんて小物にどれだけ時間をかけたのか‥、前作に比べても長すぎる。
作者の動物愛は感じるのだが‥‥。
前作のファンが見ると怒れるかも。
行き当たりばったり感が否めないので、‥6点!
4063720888BECK 24 (24)
ハロルド作石

講談社 2005-10-17
売り上げランキング : 14,232

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
コユキ・田中幸雄は何の取り得もコレといった目標もない中学2年生。
ある日そんなコユキの前に現れたのは、
ツギハギだらけの奇妙な犬・BECKとその飼い主、
ぶっきら棒に英語を話すロン毛の少年。
コユキ・14歳、竜介16歳。彼らの運命の歯車が今ゆっくりと動き出した・・・。


◆評価 (10段階)
ストーリー:10
画力:8
構成:7
キャラクター:9
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:9
総評:9


◆個人的感想
ものすごく熱くも無く、でも読んでいて退屈するわけでもない作品。
淡々と進んでいきスピード感はないが、鈍器のような勢いを感じる。
テンポも良いし、現実のドラマとして見ても
変に浮いた部分もないので読みやすい。
もちろん漫画らしい部分もあるが、
大抵はギャグのネタになってるだけなので十分許容範囲。
良い意味で普通に楽しめる作品。
マンガである以上、あくまで静止画の連続なのに、
まるで映像が見えてくるような気がする。
特にコユキが歌を歌うシーンで、周りがどんなに騒いでいても、
彼が声を出すと皆が静まりかえる。
その瞬間のビリビリする高揚感がある。
歌声がまわりの騒ぎを静め空間を満たしていく
瞬間の描き方・演出がものすごく上手く感じる。
音楽好きなら是非読むことをオススメする。
月マガできちんと読んでいるのはこの作品だけなので‥9点!
4592137507ホーリーランド 10 (10)
森 恒二

白泉社 2005-04-28
売り上げランキング : 13,540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
学校にも家庭にも身の置き所がなく、
自分の存在が確認できない高校生・神代ユウ。
ボクシングのワン・ツーを覚えた彼は「ヤンキー狩り」をするハメになり、
夜の街の戦いに巻き込まれていくが‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:9
画力:8
構成:9
キャラクター:9
オリジナリティ:10
客観的オススメ度:9
総評:9


◆個人的感想
異色の格闘漫画。
格闘技というより路上の喧嘩(ストリートファイト)がメイン。
だが「戦うために生まれてきた」みたいな、わざとらしさはなく
作中にある作者の解説も邪魔ではない!
派手さはないがストリートファイトという所業をいたずらに美化することもなく、
リアルに淡々と描いている姿勢が新鮮。
アツくない格闘シーン、心理描写が逆に読み手に訴えかける。

ヤングアニマルで同じストリートファイト系の
エアマスター」の対極にあるような感じだが、個人的には両方好き。
ただ、ストーリーとしては、
主人公キャラ(ユウ)が、対剣道の辺りから、かなり強くなってしまったので
(最初に比べて強さのリアリティーがなくなってきた)、
これからが作品にとっての本当の正念場だと思う。
それに伴い10巻くらいから、主軸からずれてしまっている気がする。
ストーリーもきちんとしているのでジャンルのわりにはオススメかと。
今のところはとても面白いので‥、9点!


※ホーリーランドトラウマ度チェック。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。