淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4091860036昴 (3)
曽田 正人


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
宮本すばるは脳腫瘍が原因で記憶障害を起こし、
言葉すらほとんど解さなくなってしまった弟・和馬のために
その日の出来事を躍りで伝えようと、毎日病室で懸命に舞い踊っていた。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:9
構成:6
キャラクター:9
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:6
総評:7


◆個人的感想
曽田正人が描く天才シリーズ・バレエ編。
他の作品よりも主人公(昴)の天才たるゆえんがきちんと描かれていて、
「とんでも行動」にもまだ納得できる。

読んでいて鳥肌が立つかのような感覚になってしまうほど
この作者の絵は読み手に訴えかける。
特に最初の和馬のところ、ローザンヌのところが最高潮だった。
しかしその後のニューヨーク編は最初の頃と比べると明らかにペースダウン‥。
昴の心情・葛藤などが描かれていて、
踊りが下手になったり上手くなったりするのが分かりにくいし‥、
子供と言う設定だからか考えがコロコロ変わるのも読んでいて気になる。
さすがに最後の方は無理矢理の後付けだった。
今思えば、アメリカに行かず
いきなりヨーロッパ編に行ってくれれば展開的に良かったと思うし、
表現力が物凄い豊かな作品なので、1ファンとして続きが見たかった。
曽田作品の勢いはあるので、ファンの人にはオススメ。
全体を通して見ると未完の部分がどうしてもひっかかり、‥7点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/102-561ee88b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。