淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウダヒマの表紙
(Amazonに画像が無かったので貼り付けのみ)


◆ストーリー
女の子目当てで桜城高校に入学した島田亜輝と赤城直巳。
ところが入学早々、住崎玲央率いる番長グループとモメてしまった。
男に興味のない亜輝はシカトを決めるが、
直巳は一目惚れした青田麦子が玲央の彼女であることを知り、
決闘の申込を受ける‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:6
構成:8
キャラクター:8
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:6
総評:6


◆個人的感想
フルアヘッド・ココ」、「SWITCH」などの作者が以前描いてたケンカ漫画。
キャラクターが充実していて、さくさく読みやすい作品。
特に天草銀(アマギン)・荒場凪などのキャラクターには、
主人公格並みの掘り下げがあり読んでいても魅力的だった。
この作者の敵キャラはとても生き生きしている。
だが、肝心のストーリーや設定が薄すぎる!

高校生がケンカしながら北海道や大阪に全国行脚‥。
そこに思想や理由も特になく
強いやつと戦いたい」だけみたいな感じになっているし、
その延長で最後は秘密組織のような奴らともバトル‥‥。
作中の中でもバトル漫画に良くありがちな「無茶なシーン」がよくある。
SFファンタジーの「フルアヘッド・ココ」だったらそれも受け入れれるが、
現代青春漫画の「ウダヒマ」でやられると違和感ありありです‥。

この作者は完全にSF物で光ると思う!!
キャラ好き、シーン(場面)重視で読む人にはオススメ。
毎回変わる単行本の表紙絵は好きだったので、‥6点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ウダヒマ
アマゾンに無いのか!
連載当時は「強いヤツに会いに行く」ゲームも全盛で「強いヤツとケンカしにいくウダヒマこんび」も盛り上がったなぁ。時代でしょうか…。
秘密組織の方も「強いやつに会いに行ったシャドルー…」と一緒ですね。

「うしおととら」と合わせて思い出のマンガです。
2005/11/04(金) 16:41 | URL | nanasi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/154-c4c72d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。