淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4253207952アクメツ 15 (15)
田畑 由秋 余湖 裕輝

秋田書店 2005-10-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
普通の高校生だった迫間生が、
「違う場所に同時に存在する・死んでも死なない」
という特殊な能力を身につけたことにより、
その力を駆使して不正を働く悪党政治家達を成敗「悪滅」していく‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:8
構成:7
キャラクター:6
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:7
総評:7


◆個人的感想
コミックマスターJのコンビが描いた
主人公(達)が腹黒い政治家達を次々に抹殺していく
内容の猟奇的ヒーロー漫画。
だが、通常の作り出されたフィクションな悪者ではなく、
現実社会の中にいる裁かれない悪人(政治家、官僚など)を
相手にしている所や
悪を倒す者が必ずしも善とは限らないと考えさせる所が斬新。
最初の方は唯のワンパターンだったが、
アクメツ自身の過去編の所から深みが加わった。
スプラッタシーンとアーメツ君(パワー・パフガールズ風)のコミカルな
シーンのギャップが重くなりがちな作風を和らげている。
違った観点から政治悪について語られていて、
同じ政治モノ(?)の「クニミツの政」の10倍リアルに感じてしまう。
しかし、観点はとても極論で読む人にとっては、
ただただ腹立たしい作品になってしまいがち‥‥。
いったい「どこの少年が読むのか」と言うほどチャンピオンらしく、
よく少年誌で連載できるなあと思う。
台詞がアツいので言いきり系の過激漫画が好きな人にはオススメ。
圧倒的な力を持つアクメツに対して、
同等の力を持った敵が不在なので(15巻の時点で)、‥7点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/161-a823fe1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。