淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4063710106遮那王義経 14 (14)
沢田 ひろふみ

講談社 2005-09-16
売り上げランキング : 9,451

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
時は平家が権力を握っていた平安時代末。
旅芸人の少年・漂太は自分と外見が瓜二つの牛若丸(源義経)と出会い、
突然身代わりを依頼された‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:7
構成:7
キャラクター:6
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:6
総評:6


◆個人的感想
山賊王」の沢田ひろふみ氏が月刊少年マガジンで連載している漫画
月刊誌で連載しているので、多少展開スピードは遅く感じるが、
その割にはテンポよく読める。
物語はまったく忠実というわけでなくてオリジナリティがあり、
細かい時代背景武器などの道具も上手く描けている。
話も旅芸人の漂太と牛若丸が入れ替わってそれぞれの生活をしたり、
周りの人に支えられながら平清盛を出し抜いたりるところや、
牛若丸が死んで
漂太が牛若丸として生きていく覚悟をしたシーンなんかは面白かった。

でも、義経に元服して奥州を目指し始めたところから
話がつまらなくなってきた‥。
以前は、行動に「必死さ」と「ふざけ」のメリハリがあったが、
今は生意気なガキが兵法を用いて大人を出し抜く
みたいな形になっていて、全く義経に好感が持てない。
キャラもイマイチ立ってないし‥。
特に弁慶があまりにも情けないのと、最近は中途半端な女キャラ出過ぎ。
まだ旅芸人の子供達の方が印象が強い。
パターンも「主要キャラに出会い⇒小悪党がちょっかいを出してくる
⇒義経が兵法を使って倒す⇒仲間になる」っというワンパターン‥‥。

義経好き、歴史好きの人にはオススメ。
最初の方は面白かったが、主人公に魅力が無くなってしまったので、‥6点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/08/27(水) 04:58 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/191-a6a6d98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。