淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4063635805ヴィンランド・サガ 2 (2)
幸村 誠

講談社 2005-11-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
千年期の終わり頃、
あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。
その中にあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。
トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、
血煙の彼方に幻の大陸「ヴィンランド」を目指す‥。



◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:10
構成:8
キャラクター:9
オリジナリティ:9
客観的オススメ度:8
総評:9


◆個人的感想
「プラネテス」を描いていた幸村誠氏の作品。
最初、週刊マガジンで連載(第1話が88頁という衝撃的デビュー)
していたが2005年10月5日号を以って休載→アフタヌーンへ移行した。
良い点は、なんといっても描き込みが物凄く細かいところ。
萌え漫画天国となった週刊マガジンとは思えない、重量感に毎回驚くばかり。
以前は休載も目立ったが、月刊に移るのでその心配も無くなってくれると思う。
登場人物の服装ヴァイキング達の習慣&武器、食事風景に至るまでの
細微に渡って丁寧な歴史考証が行なわれ好感が持てる。
また、トールズやアシェラッドらのおじさんがたもカッコいい!
肝心のストーリーも戦闘シーンの迫力や勢いがあり
「青年トルフィンの活躍、トルフィンvsアシェラッド、
少年達のヴァイキング(強さ)への憧れ、トールズvsアシェラッド、
少年トルフィンの異常な怒り」など
まだ2巻しか出ていないのにこの読み応えに脱帽‥‥。
決め付け的な心情論や主要キャラは流れ矢で死なない系の
漫画ゆえの都合のいい展開なども少々あるが、
それらを補っても余りあるくらい面白い作品だと思う。
これからトルフィンがどういった成長をしていくのか、
アフタヌーン2月号からの再連載が楽しみ♪♪

戦闘シーンが少しグロいので、嫌いな人もいるかもしれません。
作品自体は面白いが、まだ2巻なことを考慮して、‥9点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/194-80434775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。