淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4253060005フジケン 22 (22)
小沢 としお

秋田書店 2002-09
売り上げランキング : 276,255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
波浜高一年最強をめざす桜田紋二は、
富士山健作ことフジケンにケンカを売るが負けてしまう。
その後、なんとなくウマがあったのか、
紋二は秋山と共にフジケンや豊樹の4人でツルむようになる‥‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:6
構成:7
キャラクター:9
オリジナリティ:9
客観的オススメ度:5
総評:8


◆個人的感想
現在チャンピオンで連載している「ナンバMG5」の
作者小沢としお氏の初連載作品。
設定だけ読んだらとても面白いとは思えない平凡なものだが、
普通っぽい会話が、逆に自然で面白い
これ以降、「いちばん」「ダンコン」「チェリー」と描いていたけど、
フジケン」が1番ストーリーの流れに一貫性があるように感じる。
この作者は真面目に描こうとすると伏線とか話の引きが上手くなくて
ダラダラになってしまい、先の展開がベタになってしまう。
でも、フジケンでは本軸の話を何かの事件だったり、敵だったりにしずに
ただのダラけた高校生活(良い意味で)にしたことで、
飽きさせることなく読めた
(ろくでなしブルースの小沢としお版?)。
設定は、ヤンキー物によくありがちな臭い台詞やシーン、
インチキな強さもあまりなく、キャラもそれぞれ立っていて、
カッコつけただけの薄っぺらな奴や、不快なキャラがいない。
そしてなにより小沢漫画は、
何気ない会話のやり取りが普通っぽくて面白い。
本当に学校の休み時間に話している会話くらいバカらしい事が描かれていて、
ありえない展開もテンポが良いのであまり気にならない。
若干テ-マの薄さがあり、
話自体に重みが無くなってしまっているのが残念。
カッコ良さと、絵の上手さは期待出来ないので、万人向けではない。
あまりオススメできる作品ではないが、
個人的には好きなので、‥8点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/207-962253d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。