淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4253206603ドカベン スーパースターズ編 10 (10)
水島 新司

秋田書店 2005-12-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
『ドカベン(プロ野球編)』において、FA宣言した「山田世代」の選手たちが、
2004年、新しくパ・リーグに創設された、
東京スーパースターズと、四国アイアンドッグスに分かれ熱戦を繰り広げる。
加えて、かつてのチームメイト・ライバルたちも
プロ野球に参戦することとなった‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:3
画力:6
構成:7
キャラクター:5
オリジナリティ:3
客観的オススメ度:4
総評:4


◆個人的感想
あぶさん」「野球狂の詩」などを連載している水島新司氏の
代表作「ドカベン」のプロ野球編第2弾!!
(このレビューはあくまで「オールスター編」に対しての物です。)

現代野球漫画の第一人者である水島新司氏の功績は素晴しいし
高校版ドカベンはとても好きだったが
プロ野球編になってその面白味は激減してしまった‥
小さい頃見ていたあのドカベンがプロ野球選手として復活すると
当時は嬉々としていたが、やはり現実とオリジナルのコラボは難しい‥。
(MAJORしかりキャプテン翼しかり)
だいたい野球マンガを現実のペナントレースに沿ってやるのがまず無理で、
ちゃんと試合を成り立たせようとしたら単行本1~2冊は必要になり
そうすると週刊でも3ヶ月はかかる、
ところがその間に現実のペナントレースは50試合は消化してしまっている。
実際、作中では2005年度のペナントはプレーオフ入れなければ
オールスターも無しで3戦しかしてない‥。(対楽天、巨人、西武。)

そして、出しっぱなしの新旧水島キャラ達‥。
スーパースターズ編」以降に出た(復活した)キャラは
マドンナ以外たいした見せ場も無くかわいそうに見えてくる。
まあそれでもそういう難しい制約の中で描いてこれたのは
この作者の力量あってだとは思うが‥。
もう一度、時間やキャラクター等の制約無く
山田太郎達が力の限り野球をやっている所を見たいものです。

水島作品は全て好きという人にはオススメ。
漫画の為に野球を描いているのではなく
野球業界の為に漫画を描いているような気がするので、‥4点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
戦国もの
こちらでは始めまして。Ash@VRSです。

わたしのよく読んでいる戦国ものの漫画が掲載されてなかったのでご連絡までと思い。

ヤンジャン連載の「SIDOOH 士道」(高橋ツトム)は最初こそつまらなかったけど、兄弟が成長して幕末のうねりに巻き込まれていく件から一気に面白くなって目が離せなくなってきました。単行本も2巻まで出ているとのことで購入予定です。

あとヤンマガの方では「センゴク」(宮下英樹)が連載中ですが逆に最近つまらなくなってきている作品。ただ、本願寺顕如のロックな描き方とか、この人しか描けないキャラクターは圧巻。戦場シーンも独自の解釈があって面白いです。

オメガトライブもそろそろ最新刊に手をつける予定です。
2006/01/07(土) 10:18 | URL | Ash@VRS #-[ 編集]
>Ash@VRSさん
どうも改めて初めまして♪♪

「SIDOOH 士道」最近面白いですよね!
高橋ツトム氏の世界観は好きですw

「センゴク」ですか?
ヤンマガは、好きなやつだけ単行本で読んでいたので
まだ読んだ事がありませんでした。
今度読んで評価載せておきますネw

オメガトライブも新章(キングダム)になって
ますます勢いが出てきますヨ♪♪
2006/01/09(月) 02:01 | URL | オリバ #-[ 編集]
こんばんわ。レスどうもです。
ちょっと間違いがあったので訂正まで。
「SIDOOH 士道」2巻じゃなくて3巻まで出てましたね。今日買ってきましたが素晴らしい作品ですね。
点数的には8点というところですが、幕末篇の展開によっては9点以上もあると思えます。
高橋氏がスカイハイの原作者だったことを知って驚きました。

センゴクは7巻まで出ていますが、こちらは読み続けるかどうか微妙・・というところで。

オメガトライブはキングダムまで読みました。7点という評価は変わりませんが、ちょっとずつスケールが大きくなっているので今後に期待です。
キングダムはカットバックが使われていて構成に工夫が見られたのが良かったです。
この作品難を言えば、作者のペースに読み手がシンクロできない(ハキムvs梶の顛末は酷すぎ)、対立者とバトルする>仲間になるをリピートしている、などがありますね。
2006/01/09(月) 05:22 | URL | Ash@VRS #-[ 編集]
>Ash@VRSさん
確かに水華やハキムが仲間になる所はワンパターンで
読み終えた後、不可解な感じさえ残りますネ‥。

キングダムになり他のオメガ達との絡みは楽しみですけど‥。
2006/01/10(火) 01:43 | URL | オリバ #-[ 編集]
>オリバさん

同感です。
水華姐さんの場合は、第一階層の動機(覇王の子を産む)があるのでまだ行動原理に説明がつきますが、ハキムの場合は伏線を巧く回収せず、ヤンキー漫画的ノリで解決してしまったことから、展開が支離滅裂になってますね。

この漫画、切り口は面白いだけにその辺が非常に惜しいです。個人的に7点に留まっているのはその辺ですね。

防大篇の小菅も必要性感じなかったですし。
2006/01/11(水) 00:06 | URL | Ash@VRS #d0.dI9Vo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/218-8cc57a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
2006年のドラフトからスタートした今回!他の球団の情報は一切無視して進む中でスーパースターズが1位指名したのは懐かしの弁慶高校の義経光選手!所属が『山伏道場』にはなかなか笑いをかみ殺すのに力が要りました。しかし、義経選手の笑いのセンスは留まる事を知....
2006/06/13(火) 08:38:05 | ラブ教総本山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。