淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4063211223風林火嶄 3 (3)
小川 雅史

講談社 2001-03
売り上げランキング : 132,078

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
人智を超えた力や特殊な攻撃能力を持った高校生‥それが「攻校生」。
そんな攻校生が普通の学校に通えるわけもなく、
それらを受け入れる数少ない高校の一つ「猛田攻等高校」に
生き物のような制服・楯無を自在に操る高坂疾子が転校してきた‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:7
構成:8
キャラクター:7
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:5
総評:7


◆個人的感想
「速攻生徒会」や「悪1013」を描いている小川雅史氏が
月刊アフタヌーンで連載していた作品。

時期的には「速攻生徒会」より後に描かれた物だったが、
「速攻生徒会」の方が途中で廃盤(コミックゲーメストが)
になってしまったので単行本化は1番先。
(「ぱにぽに」を描いている氷川へきる氏が
コミックゲーメスト時の担当編集だったらしい‥‥。)
良い点は、他の作品は主人公だけデタラメな強さで
戦いの内容における重要性があまり感じられなかったが、
今作のは「楯無」という武器の強さに依存しているところもあるので、
バトルシーンにおいての描写などは緩急ついていて、
手慣れた雰囲気もあるし、間の取り方も結構上手い方だと感じる。

(それでも意味なくデタラメな強さを発揮するが‥)
あと、勢いのある構図重視な作品でストーリー的には
細かい設定もないのでさくさく爽快に読める。
悪い点は、ストーリー展開が「やってやる!」みたいな
大味なノリで進み、話自体も薄い‥。
キャラも数人を除いて「やられ死相」がバシバシ出ていて
魅力的な者は2、3人しかいなかった。
あと、「風・林・火・嶄」の4人を見つける話なのに
高坂と山県が決まったところで打ち切りっぽく終わってしまい、
飢過や砲条といった伏線は未回収‥。

ゴチャゴチャした絵や安直な学園バトル物が嫌いな人には
オススメできないかも‥。

個人的には、もう少し小川雅史氏独特のオリジナリティあるバカを
見たかったが、勢いはある作品なので、‥7点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/224-3326560f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。