淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4088758684暴力の都 12 (12)
戸田 幸宏

集英社 2000-01
売り上げランキング : 376,872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
視聴率を取るためには、自分の命をはるニュースキャスター木戸重光。
公共の電波を私物と考える彼は、
自分の出演する番組で数字を取れるような事は全て報道する。
抗議の声を無視し続ける彼に訪れるものは‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:9
画力:6
構成:7
キャラクター:8
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:8
総評:8


◆個人的感想
絵は週刊コミックバンチで「バウンティハンター」を連載していた中祥人氏、
作は週刊モーニングで「キマイラ」を連載していた戸田幸宏氏のタッグで
1997年から週刊ヤングジャンプにて掲載された報道漫画。
この作品は主人公の木戸重光がニュース番組の様々な事件を通して
メディアのあり方、人としてのあり方を問いかけている。
よく事件解明モノにある警察や探偵など犯人を裁く側ではなく、
主人公自体はあくまでキャスターという立場なので
ただ真実を暴いて、読者に判断を任せる形なのも押し付けがましくない。

そして各ストーリーも短いながら安直ではなく二転三転あり、
最後主人公が視聴者に疑問を投げかける所まで上手くまとめられている。
あと題材も、新興宗教(オウム)、産廃処理施設尊厳死援助交際
芸能人の子供の麻薬パーティー(三田佳子の次男)など
当時のタイムリーな話が多く、ヤンジャンを読んでいた時は新鮮だった。
(個人的にはポケベルや老人ホームの話が好き)
しかし、キャスターという立場上たんたんと事件をこなしていくので、
この作品を通して「何かを感じる」のではなく、
作品を通じて「もう一度考えてみよう」という気持ちに止まり、
その場合媒体の説得力としては薄いかもしれない。
あと、主人公が利己的過ぎてあまりこのキャラに感情移入できなかった。
(しかもコイツのおかげで人が何人も死んでたりする‥。)
絵はあまり上手くないので、ストーリー重視の人にオススメ。
全12巻、濃厚な話がテンポ良く進んでいくので、‥8点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/228-661974a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。