淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピードキング
(Amazonに画像が無かったので貼り付けのみ)

◆ストーリー
高校NO.1スプリンターの弟、タイガーこと末藤尊虎は、
だらだらと日々を送る不良中学生だったが、
史上最強を根拠なしに自認していた。
そしてある日、一目ぼれした陸上部の彼女のため、
彼は唐突に最速スプリンターを目指す‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:7
構成:8
キャラクター:8
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:6
総評:7


◆個人的感想
現在月刊マガジンGREATで「武打星」を連載している
間部正志氏が以前月刊マガジンで掲載していたスプリント漫画。

1998年ごろ連載していてた作品で、
今でも陸上のスプリントを題材にした漫画は珍しくて新鮮。
野球やサッカーといった一般的な競技は試合展開をきちんと描こうとしたら
話数も長くなり高い構成力がないとダラダラしがちになってしまうが、
数秒で決着がつく短距離走だと一気にテンションが上がったまま終われる。
(特にこの作品は月刊だったので)
絵もキャラのデザインとか全体的な上手さはないが、
疾走シーンにおける迫力やスピード感の表現力は凄い。
主人公の尊虎(タイガー)も馬鹿力&単細胞という設定にしては
ベタ漫画の様に変な道徳を振り回さないところがさくさく読める要因。
(バカキャラなのに説教する展開には違和感を感じるので)

しかし、この作品はレースシーン等の場面重視なので、
そこまで至るプロセスが飛ばされがちになってしまい、
特に高木の格闘技への転向や兄貴の復活など
唐突過ぎる内容は物語として読み応えを下げている。

あと、最初から主人公が足の速い設定になっているので
スポ根物を求める人にはオススメできません。
ストーリー的にはイマイチだが全6巻に上手くまとめてあるので、‥7点
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/234-b42582de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。