淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4087820971BASTARD!!―暗黒の破壊神 (Vol.3)
萩原 一至

集英社 2005-08-19
売り上げランキング : 2,235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
魔力の時代、大神官の娘ティア・ノート・ヨーコと共に
兄弟の様に育てられたルーシェには、
古の魔法使いダーク・シュナイダー(D・S)が封印されていた。
そして15年の時を経て、邪悪な魔法使いD・Sが遂に復活したが‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:10 (単行本掲載時)
構成:5
キャラクター:8
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:5
総評:6


◆個人的感想
1988年、週刊少年ジャンプに連載されてから、
ジャンプ増刊週刊少年ジャンプウルトラジャンプと、
連載される雑誌を変更し続けてきたSF漫画。
作者・萩原一至氏はウルトラジャンプ誌で休載しまくっているのだが
定期的に同人活動はきちんとこなしていて、
雑誌掲載時も下書きじみた状態が多く、UJ界の冨樫義博氏の様相。
どれだけ高い画質や読み込ませるデザインセンスを持っていようとも
これだけストーリー展開が破綻していたら
個人的には面白い漫画とは言えない。
最初の方はSFファンタジー界の「御大」という感じで
世界観やキャラも魅力的で作品自体にも迫力があり、大変面白かったが、
罪と罰編」あたりから勢いだけが暴走し
ただの作者の自己満足作品に成り下がってしまったような‥。
ストーリーも数々の伏線が置き去りっぱなしで
どんなに絵やキャラデザのレベルが高い作品でも
テンポが悪ければ、読んでいてダレてしまうと思う。
作画が素晴しい(きちんと描いていれば)だけに残念‥。
気長に待ってもらえる人にはオススメです。
正直、昔の荒削りな時の作風の方が良かったので、‥6点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/239-3b22d156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。