淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4091254241ウインドミル (4)
橋口 隆志

小学館 1999-07
売り上げランキング : 162,731

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
天才ボウラーだった広沢滝は、
ひょんなことからその魅力にとりつかれソフトボール部入部を決意。
そして、ソフトボールを始めてわずか1週間後、
滝はデビュー戦のマウンドに立つ‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:8
構成:6
キャラクター:8
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:7
総評:7    (少し甘め)


◆淡々と個人的感想
現在週刊少年サンデーで「焼きたて!!ジャぱん」を連載している
橋口たかし氏(本作連載時は橋口隆志)
が当時サンデー増刊号で掲載していたソフトボール漫画。
野球やバスケなどのスポーツ漫画によくありがちな
試合の長期化によるストーリーのダラダラ感」というのはなく、
試合ごとにテーマやスポットキャラを決めているのでテンポ良く進めている。
あと、この作者のキャラ絵は上手く
(はじめの頃はちょっと貞本義行氏の絵に似ているとの見方もあるようですが)、
それぞれ個々にきちんと立っているし、
基本そこぬけに明るく嫌味なキャラが居ない
のも少年漫画では好感が持てる。
しかし、自分の方のチームは皆掘り下げがあったりして立っているのだが、
相手チームの方はいつも当て馬状態で、それが地区大会編、
全国大会編、オリンピック編とだんだん目立つようになっていった‥‥。
展開もベタなご都合主義で、ソフトボール目的でキャラを描いてるんじゃなく、
キャラ目的でソフトボールという手段を使っている気がして
試合の勝ち負け自体にあまり重要性を感じなかった。
とはいっても今の「焼きたて!!ジャぱん」よりは漫画しています。
キャラ重視の人にはオススメ。
キャラやテンポは良いんだけど、
後半になると強さの度合いが破綻しているようにかんじるので、‥7点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/252-9cf05c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。