淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4861270995魔探偵ロキRAGNAROK (5)
木下 さくら

マッグガーデン 2004-12
売り上げランキング : 44,560

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
女子高生・大堂寺繭良は友人が巻き込まれた連続殺人事件をきっかけに
「燕雀探偵社」の探偵で、ロキと名乗る少年の知り合い
押しかけ助手になってしまうのであった‥!!


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:8
構成:6
キャラクター:7
オリジナリティ:5
客観的オススメ度:6
総評:6


◆淡々と個人的感想
現在「tactics」(東山和子氏との合作)を連載している木下さくら氏が
月刊少年ガンガン(無印版)と月刊コミックブレイド(RAGNAROK版)
で連載していたミステリー(?)漫画。
当時は知る由もなかったが、いきなり終わったと思っていた漫画が、
なんだかんだあってまだやっていたので読んでみた。
まずデフォルメキャラ(個人的にはフェンリルお気に)がとてもかわいく、
シーンや出だしのつかみなどギャグパートではそのドタバタに和まされる。
ストーリーも一話完結の推理物(最初の方は)にしてはライトな感じで、
「ミステリー漫画」と言うより「ミステリーを解いているキャラをみる漫画
と言った感じで従来重くなりがちな作風が読みやすい形になっていると思う。
しかし、RAGNAROK編になるとほとんど推理事件がなくなってしまい
北欧神話に絡めた話ばかりあり、
それを知らない人にとっては少々苦痛‥。(バルドルのところとか特に)
あと、あくまで主要キャラありきなのでトリックが薄く
事件側の方のキャラはかかし要因。(動機もちゃち)
最初のような「事件を絡めつつドタバタコメディーのてい」で
最後まで進んで欲しかった。
ショタキャラ満載なので大きなお姉さんにはオススメ。
ファンタジーの話になると途端に辛くなったので、‥6点!


※魔探偵ロキRAGNAROK占い
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕も昔これを読んでましたが何故いきなりRAGNAROKになったのかなと思ったらそういう理由があったんですか。途中から路線変更っぽいのをしたから少し面白くなくなっちゃいましたね。tacticicisはまだ読んでませんが面白いですか?
2006/02/15(水) 07:33 | URL | ライト #-[ 編集]
私も当時ガンガンで読んでいたときは結構好きだったんですけど、
RAGNAROKになってからは全くついていけませんでしたね‥。
tacticsの方は設定とかより同人色が強くなっているので
私はロキの方が好きですが、キャラとかギャグはそのままなので
一度読んでみてもいいかもしれません♪
2006/02/15(水) 13:31 | URL | オリバ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/253-e3fcf367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。