淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4091845444七夕の国 (4)
岩明 均

小学館 1999-02
売り上げランキング : 122,164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
南丸洋二は念じるだけで紙に小さな穴を空けられる特殊な能力を持っていた。
ある日頭が半分えぐり取られるという殺人事件が発生。
そして、洋二は行方が分からなくなった教授を探しに
大学の友達と共に自分のルーツであるその村に行くのだった‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:6
構成:9
キャラクター:6
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:7
総評:7


◆淡々と個人的感想
現在月刊アフタヌーンで「ヒストリエ」を連載している
岩明均氏がビッグコミック(スピリッツ?)で連載していた漫画。
個人的にはこの作者の漫画は好きなんですが、
本作の読んだ率直な感想としては「うーん‥」と言った感じ。
世界観とかは、一見非現実的な話(超能力や宇宙人?)なのに
日常の雰囲気を上手く作ってあり、
淡々と作者特有の論考のみを追って進んでいく展開はさすが!
あと、「戦国時代から始まった冒頭」と「ラストの頼之との絡み」や
七夕の謎解き」などは物語に一貫性があり、
読んでいても流れとしても違和感無い。
しかし、「寄生獣」では分かりやすかったテーマが少し分かりにくく、
「窓の外」の件りは推測の域を出ないという、括りだったので
些か説得力に欠けるものがあり(少なくとも私は)
全体的に4巻という単行本の割にはテンポが遅く感じてしまう。
キャラも大量殺人を侵す理由をもう少し掘り下げて欲しく、
そういう点で他作品に比べ感情移入出来るキャラもいなかった。
「寄生獣」のファンと言うよりも「岩明氏」のファンにオススメ。
構成のレベルは高いが、期待した分もの足りなく感じたので、‥7点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
岩明作品!!
(´3`)私はひいきにしている漫画家です!確かにおっしゃられるように割と細かく設定の紹介をしてくれるタイプの漫画家なのに、「窓の外」についての書き込みのなさは私もちょっと拍子抜けしました。
でも書かないことでかえって良かったかも…と思う自分もおります
2006/02/19(日) 23:16 | URL | (´3`)さとす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/257-1b370edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。