淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4091201083クロザクロ 7 (7)
夏目 義徳

小学館 2006-02-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
高校生・桜井幹人は、ある日、謎の「種子」が体内に入り、
夢の中で謎の子供・ザクロに出会う。
ザクロに望みをきかれ、「強くなりたい」と望んだ幹人は、
代わりにザクロの後ろに生えている木を花でいっぱいにするという
謎の指令を言い渡される‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:7
画力:8
構成:8
キャラクター:6
オリジナリティ:8
客観的オススメ度:7
総評:7    (少し辛め)


◆淡々と個人的感想
トガリ(サンデー)」の夏目義徳氏が
2004年から週刊少年サンデーで連載していた漫画。
主軸は「ナヨナヨした主人公の成長」といった王道ながら、
そこからの世界観プロットなどがとても丁寧で
中盤もう少し軌道に乗っていれば化けていたかもしれない‥。
(個人的には、途中幹人がインフレ化し、
そこから成長がピークで止まってしまったように感じた)
人間(他人)を救うという行為を
第三者の視点
(上位者)から見ることにより偽善っぽく映らず(寄生獣的?)
派手さは無いものの少年誌の命題をきちんとクリアしていたと思う。
(前作よりも若干低年齢化したが)
ストーリーの展開も、だんだんとバトルの規模が大きくなり、
最初から最後まで作品としてのブレなく進んでいったのも好感がもてた。
絵についても前作のトガリよりも上がっていて
あの細かい描き込みは週刊少年誌では希有。
しかし、出だしに比べ、中盤から後半になっていくにつれ、
展開は濃縮になっているにも関わらず物語のメリハリが感じられず、
盛り上がりに欠けて見えたのが残念‥。
描き込みが濃い漫画が好きな人にはオススメ。
前半とラストは良かったが、
途中それまであった緊張感が薄れてきてしまったので、‥7点!


<関連レビュー>
寄生獣(2005/08/22付)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/263-a22b2eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。