淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
457572582X銀と金 (4)
福本 伸行

双葉社 2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
森田の前に突如現れた謎の男・平井銀二。
通称「銀王」と呼ばれるその男に見込まれ、次々と試されていく森田。
「人をひとり殺してもらいたい・・・」銀二の問いに対して、
森田の出す答えは?そして銀二の思惑とは‥!?


◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:5
構成:8
キャラクター:8
オリジナリティ:9
客観的オススメ度:8
総評:8


◆淡々と個人的感想
カイジ」「最強伝説黒沢」等の作者福本伸行氏が
1992年から漫画アクションで連載されていたギャンブル漫画。
他の福本作品にありがちなお金に対しての独自の考えが随所に描いてあり、
キャラクター達の決断へ向かう苦悩迷い
絶望決心などの心理描写も上手く、
突飛(極端)な発想なんだけど妙な説得力があり納得してしまう。
最初読んだ時はカイジ(森田)とアカギ(銀二)的ポジションの2人が
お互い補い合っていく様が新鮮で、
個々の様々なジャンルのギャンブルが
さくさくひと勝負テンポよく進んでいくので、ダレず読みやすかった。
特に偽セザンヌ編からポーカー編蔵前麻雀編の辺りは
読んでいて金銭感覚がずれてしまうほどシビレた。
(私がギャンブルで兆の位が出てくるのを見たのは幽遊白書の左京さん以来‥)
しかし、神威家監禁編で森田が脱落してしまい、
その後の競馬編はイマイチだった。
やはり、完全無欠(クール)の銀二に対して、
どこか人間臭い森田が居てこそ物語に厚みが出ていたのではないかと思う。
(それとも、後で銀二のピンチとかに森田を復活させる設定があったが、
途中で打ち切られたということかな?)
ラストも未完っぽい終わりで、
どうも読み足りない印象が残ってしまうのは漫画として良くない。
福本ファンには是非オススメな作品。
奇抜な駆け引き、トリックなど見所満載だったので、‥8点!


<関連レビュー>
カイジ(2005/09/13付)
最強伝説黒沢(2005/08/22付)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
1ツモ5億、なんて麻雀だ!
ってのが忘れられませんわw
2006/03/12(日) 23:53 | URL | あるてぃ #-[ 編集]
>あるてぃさん
この漫画を読んでからカイジを読むと
なんてちっぽけな金額なんだ!と思ってしまいますネ‥。
はぁ、一度でいいから1ツモ5億の麻雀を打ってみたい‥( ´ー`)
2006/03/14(火) 04:29 | URL | オリバ #-[ 編集]
どうやら、打ち切りになった作品のようです。
この作品が評価されて、カイジ連載に繋がったのでは?と思われます。
2006/06/13(火) 19:20 | URL | まるお #-[ 編集]
>まるおさん
確かにカイジと森田ってなんか似てたりしますね‥。
福本先生の凄いところは、なんでもギャンブルにしてしまい、
そこから人間の倫理にまで昇華する説明の件が好きでしたw

今のカイジでも兆クラスの麻雀を打ってもらいたいものです♪♪
2006/06/13(火) 22:00 | URL | オリバ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/268-19df1ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。