淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4063724948蒼天航路 (36)
王欣太

講談社 2006-01-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
今からおよそ2000年の昔、
後漢帝国末に大宦官の孫として生まれた阿瞞(あまん)は、
あり余る才気を存分に生かし、奔放苛烈な少年時代を過ごす。
彼こそ後の世に巨大な悪名を残す英雄、曹操孟徳であった‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:7
構成:7
キャラクター:9
オリジナリティ:9
客観的オススメ度:8
総評:8


◆淡々と個人的感想
原案:李學仁(イ・ハギン)氏、漫画:王欣太(KING☆GONTA)氏が
1994年から週刊モーニングで連載していたネオ三国志漫画。
1998年に李學仁氏が死去してしまい、
それ以降は王欣太氏一人によって執筆されていた。
(作品では「官渡の戦い」の開始直後)
個人的には、その「官渡の戦い」以前の
若く様々な政策を立てる曹操の時が1番好きだった
日本でよく知られる「三国志演義」の方ではなく、
三国志(正史)」を基にされているが、
完全に正史に則っているわけではなく脚色されているらしい。
三国志演義」や横山光輝氏の「三国志」など
蜀を中心(善玉)に描いている物が多い中、
この漫画においては魏を中心に描いていてある種斬新に感じる。
あと、作中にたびたび出てくる「」とか「反儒教」の
革新的な思想についても長期連載されていた割りには
一貫した意図で表現されていたのではないかと思う。

でも、キメるところでキャラが演劇調になっており
(そういう漫画なんだと)慣れるまで戸惑った‥。
個人的には曹操の死後や
もっとフィクション部分での展開を誇張した方が面白くなりそうだったが、
逆にそうするとただのご都合歴史物になってしまい意味が無くなる??
晩年の曹操の大きな出来事だったので関羽の最期を長く扱っている、
有名武将が強すぎ、孔明や劉備が余りにヘタレっぽい(魏側がカッコ良すぎ)
などの難点はあるが
曹操を主軸とした三国志漫画」というテーマである以上
我慢できる範囲だと感じる。
三国志好きの人より三國無双好きの人にオススメ。
最初少し読みにくいが、のめり込み易い漫画だと思うので、‥8点!


※蒼天考:蒼天航路考察サイト
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あまり他人の意見に口出ししたくないんですが・・・
好き嫌いで判断しているならともかく、画力7は低すぎです。

あれだけ綿密な描写を描ける漫画家は、殆ど居ないと思いますが。
2006/04/20(木) 00:49 | URL | こう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/277-71883c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日は暖かかったねぇ♪こういうときは散歩に限る!!てことで散歩に出たはいいけど・・・花粉症。もう鼻水が止まらない止まらない。だずげでぐださいぃぃぃぃ!!
2006/03/20(月) 21:30:50 | ゆかりんのくりぃむぱいん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。