淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4063634825哲也 41―雀聖と呼ばれた男 (41)
さい ふうめい 星野 泰視

講談社 2005-02-17
売り上げランキング : 31,396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
時代は、終戦直後のまだ焼け跡や廃墟の残る新宿
何もなく貧しい中でも生き抜くために 人々は日々たくましく生きていた。
そんななか一人の青年が麻雀で生きてゆこうと決意した男がいた。
これは、のちに「坊や哲」と呼ばれる玄人の勝負に生きた物語である‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:7
構成:7
キャラクター:9
オリジナリティ:7
マニア向け度:7
総評:7


◆淡々と個人的感想
少年無宿シンクロウ」のさいふうめい氏(原案)と星野泰視氏(漫画)が
1997年から週刊少年マガジンで連載していた漫画。

主人公は実在した阿佐田哲也(色川武大)氏がモデルで
勝負師伝説 哲也」としてアニメ化もされたらしい‥。
麻雀」という賭け事を題材としているが、
少年誌のため麻雀の駆け引きとか点棒のやり取りとかいうよりも、
キャラ達の技(イカサマ=必殺技)という部分を重視し、
見た目にも映える分かり易さを取っている。
そのため、「相手がイカサマをするそのイカサマを破り勝利
というのが、さすがに41巻もあると
マンネリ化(2度の旅打ち編とか)してしまっているところはある。
あと、さくさく進んでいく感じなので、
手に汗握るという作中の「熱さ」が読んでいて伝わってこなかった。

しかし、使い捨てにしては勿体無いほどの
バラエティに富んだ敵キャラが毎回出てくるので、
勝負における目新しさはある。
(個人的にはダンチ絡みの話が好きだった。)
絵も最初の方はぎこちなかったが、途中から確立されていき
作者独特の雰囲気が出ていたと思う。

麻雀知らない人でも暇潰しとして見るのにオススメ。
つまらなくはないんだけど、
物語として興味を引かれるプロットとかは無いので、‥7点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
^^
この漫画結構すきでしたよ^^

麻雀しらなくても、要所要所でおもしろかったし、絵がしっかりしていて、スッと読めるところがよかったデスね。

今、新連載してますよね。シンクロウでしたっけ?1巻買いましたが、今回はとっつきやすい内容を取り上げていたので安心しました。

今後の展開に期待デス。
私のほう、クソ万漫画久々にUpしましたwよろしければどうぞ^^
2006/04/08(土) 18:32 | URL | 翠星石 #-[ 編集]
この漫画が出る前から、さいふうめいを知っていますが、「運命研究
家」だとかなんとか。
おそらく、氏の書いた幻の文庫本あたりで目を付けた編集者が企画として持ち込み、新人漫画家に書かせた作品でしょうが、星野氏はうまく描きましたね。
現在のシンクロウは非常にわかりやすくていいですね。

ちなみにさいふうめい氏の書いた「阿佐田哲也の勝負哲学」はかなり含蓄のある本ですよ。
どちらかというと、こういう話を青年誌で漫画化して欲しいのですが。。。
2006/05/21(日) 13:09 | URL | まるお #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/01/18(日) 07:51 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/02/28(土) 09:01 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/03/26(木) 01:47 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/20(水) 21:22 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/21(木) 00:06 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/21(木) 02:50 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/292-f0c10680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「逆説シリーズ」第九作。琉球論、鉄砲伝来、倭寇論を挟んで待望の戦国時代に入る。冒頭の琉球の紹介は倭寇論への布石だと思うし、それなりに新鮮だったが、東アジアの海洋交通の要衝としての琉球をもっと論じても良かったのではないか。本書における鉄砲伝来の話は、現在で
2007/10/05(金) 22:57:14 | ゆうみの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。