淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4091573223新暗行御史 (第12巻)
尹 仁完 梁 慶一

小学館 2005-11-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
いにしえの国、聚慎には暗行御史(アメンオサ)と呼ばれる隠密要員がいた。
彼らは王の特使として秘密裏に地方を巡り、
悪政を糾弾し、庶民を救う聚慎の特殊官吏であった。
しかし、その聚慎が滅んでしまった今、
一人の暗行御史・文秀(ムンス)は浮き世をさすらっていた‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:9
構成:7
キャラクター:8
オリジナリティ:8
マニア向け度:8
総評:8


◆淡々と個人的感想
アイランド(ビームコミック)」の韓国コンビ、
尹仁完氏:原作、梁慶一氏:作画により、
現在月刊サンデーGXに連載されている漫画。

この作品、実際に韓国(李氏朝鮮時代)にあった暗行御史という
官職や、数々の史実(伝記)を参考にしているので、
ストーリーを進めていく上で大きな破綻矛盾などはなく、
むしろ最初の方にあった伏線などが度々に活かされている
あと、梁慶一氏の絵が細部までとても細かく描かれていて、
キャラの表情にも感情の起伏を感じれる。
物語の本質も弱きを助け強きをくじくという流れながら、
単に勧善懲悪で悪を退治する、というスタンスではなく、
苦しみからの解放だったり、救いだったりするという
避けられない(答えのない)強烈なテーマがあり
それぞれが真剣に考えている様子がうかがえたところに好感が持てる。
さらに、過去編ではこれまでの、その大陸(亜細亜)っぽい作風から
西洋に舞台が変わったことにより新鮮さを感じた
今まで「ツバサ」とかその世界観をガラリと変えていった作品はあったが、
どれも一様に転回時や変化ごとに微妙な相違があったりしたのだが、
この作品は極めて濃いカラーを持っていたのにかかわらず、
上手く移り変わっていけていた

しかし、序盤の春香編柳義泰編に比べて
途中の活貧党編では少しテンポがダラけた様に感じてしまった。
敵側のキャラも多い割りにきちんと掘り下げていたし、
ラストは良い終わり方をしたとは思うのだけど、
気功みたいな超能力でキャラ同士における
パワーバランスが分かり辛くなってしまい、
結局遅い執筆の流れをより一層遅くしてしまった感は否めない。
(桂月香の妹を絡めるだけにして短めにまとめて欲しかった)
あと、巻末で「春香のあの格好が売りなんだ」と書いてあったりしたが
個人的にはあの半裸であるキャラデザ(服装)が痛い‥。
(もちろんアレがよいという人もいると思うが‥)
また、関係ないかもしれないが、文秀ビバップのスパイクに見えたり、
文秀阿志泰の再開のシーンがガッツグリフィスっぽく思えた。

カッコいい東洋系歴史モノが好きな人ならオススメ。
歴史ファンタジーというのはあまり好物なジャンルじゃないが、
絵、ストーリー、キャラ共に高レベルな作品だと思うので、‥8点!


新暗行御史 Official Web Site
<関連レビュー>
ベルセルク(2005/08/24付)
ツバサ-Reservoir chronicle(2005/10/11付)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この項に対してのコメントでなくてすみません。

カテゴリーからのタイトル検索をもうすこし見やすくしてください。
タイトルの50音順にするとかして。

2006/04/14(金) 15:50 | URL | #-[ 編集]
レビューありがとうございます。前のコメントでも書いたとおりやっぱりあの活貧党とかの魔法みたいなのはイマイチですよね。ベルセルクみたいにこの過去編からさらに面白くなりそうなので楽しみです
2006/04/14(金) 16:19 | URL | ライト #-[ 編集]
>名無しさん
すいません、カテゴリー内の数ずいぶん溜まってきちゃいましたね‥。
その内、「あ・い・う‥」と一つずつ分けていきたいと思います。

>ライトさん
いえいえ、こちらこそこの漫画を紹介していただきありがとうございます。
最初韓国漫画と見たときは「大丈夫かな?」と思いましたが、
読んでみたら、案外面白くてのめり込んでしまいました。
でも、阿志泰側のメンバーもたくさんいて、
まだまだ続きそうですね‥(^^ゞ
2006/04/15(土) 01:07 | URL | オリバ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/297-2bee2539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。