淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4063635368Samurai deeper Kyo (32)
上条 明峰

講談社 2005-06-17
売り上げランキング : 125461

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
舞台は関ヶ原の戦いから4年後の日本。
千人斬りの鬼と呼ばれた鬼眼の狂が封印された自らの身体を取り戻すため、
仲間とともに壬生一族と戦いを繰り広げていく。


◆評価 (10段階)
ストーリー:4
画力:6
構成:4
キャラクター:5
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:6
総評:5


◆個人的感想
どんなにピンチになっても、「覚醒」と言う言葉でやっつけてしまう作品。
完全なるワンパターンで、これが30巻以上続いていることが不思議‥。
どんな奥義を出してもカッコイイ言葉を言っても何も感じない。
「奪還屋」といい、ストーリーの無駄な伏線とか美少年キャラとか
必殺技を考えるより、他にもっと考え直すところあるでしょ
っと思う!!
どの場面を見ても同人(やおい)ネタに見えてしまう。
でも個人的には、「奪還屋」より少しだけ斜め上の作品。
これが面白いと思える人だけにオススメ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/30-854db3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。