淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4253201059スクライド 5 (5)
黒田 洋介 矢立 肇 戸田 泰成

秋田書店 2002-06-20
売り上げランキング : 44,399

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
大隆起現象により、日本本土から切り離された荒野(ロスト・グラウンド)
そこにはアルター使いと呼ばれる特異能力者達が生きていた。
そして、反逆者と呼ばれる少年カズマもその一人だった‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:6
構成:7
キャラクター:8
オリジナリティ:8
マニア向け度:8
総評:7


◆淡々と個人的感想
天地無用!(脚本)」の黒田洋介氏:脚本、
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R」の戸田泰成氏:作画、
で2001年から週刊少年チャンピオンに連載されていた漫画。

最初読むときにアニメとの、メディアミックス作品(サンライズ制作)
ということで、チャンピオンのダメな方かと思っていたが、
第1話の「おねがい☆ティーチャー(アルター名)」とか投げっぱなしに
言い放つそのテンションに驚いた
七人のナナ舞-HiMEの方ではなく、山口貴由マンガの方だった‥。
良い意味でも悪い意味でも週チャンらしい過激な描写があり、
その「力いっぱい馬鹿なことを真剣にやる姿」は
雄々しくも感じられた。
全5巻の上単純なまでにさくさく進むストーリーや
一風変わった変なシチュエーションがたくさんあり読んでいて飽きない。

しかも、vsシグマールからのテンションはまさに神がかり的で
「設定年齢19才‥」「古代って喰えるのか‥」などの迷台詞を残し、
ラスト前の見開きでは衝撃的なオチ‥。
2006年のチャンピオンRED4月号でも
奇跡的に番外編「スクライドビギンズ」が掲載されていて、
羽海野チカ(せんりき)とか、見事なまでのやり逃げをやってのけた。

しかし、これらの手法は、所詮パロディーなので
読者に対し面白くさせている作品ではなくて、
読者がその作品に対して笑っている(漫画が能動的ではなく受動的)
だけなので、人によって好き嫌いが顕著に現れるものだと‥。
ストーリーも「一匹狼のワル的ヒーローが警察の組織(でも実は悪者)を
次々に倒していく」という何の捻りもないもので、
プロットの点から言うと物語の理由趣旨は細かく語られず
(掘り下げもなく)、全く勢いだけでごまかされている
あと、序盤と終盤にあったバカなテンションが
中盤イマイチ普通の漫画のテンポに成り下がってしまい、
中身が無いのが露呈したように感じた。

ハイテンションな漢ネタ漫画が好きな人にはオススメ。
ギャグのところはツボだったが、
それ以外のパートは特に面白くないので、‥7点!


<関連レビュー>
舞-HIME(2005/08/12付)
覚悟のススメ(2005/09/29付)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/300-de9ff2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。