淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4088736265遊☆戯☆王 (38)
高橋 和希

集英社 2004-06-04
売り上げランキング : 52,877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
今世紀初頭から、誰も完成させる事が出来なかった「千年パズル」。
それを祖父から受け継いだ武藤遊戯は、
ある晩ついにパズルを完成させる!
そして、最後の1ピースをはめた時、パズルが突然光り出し‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:5
画力:7
構成:6
キャラクター:8
オリジナリティ:7
マニア向け度:4
総評:6


◆淡々と個人的感想
天燃色男児BURAY(高橋一雅)」の作者高橋和希氏が
1996年から週刊少年ジャンプで連載されていた漫画。

最初は、「主人公遊戯が、身の回りの物を使って闇ゲーム
相手(敵)を負かしていく」という流れだったが、
途中マジック&ウィザーズというカードゲームが主体になっていった。
個人的には序盤のカプセルゲームヨーヨーといった
既存の遊びからそこら辺にある物でゲームをするという、
あまり突飛過ぎないリアルさと
それに伴う主人公の成長友情とかが面白かった。
また、カードバトル編になってからも、新しいデザイン
凝っていながらゲームとして難しすぎないようにする
バランス(破綻しない程度に)なんていうものは良かったと思う。

しかし、そのカードゲームを1ジャンルとして留めるくらいなら
良かったが、それ以降完全にシフトチェンジしてしまい
終盤では過去(ファラオの記憶)に飛んでまで
カードを石版に変えてやってしまうとんでもさ‥。
これでは、結局作者が作り上げたものに
自身が振り回されているように感じてしまい、
漫画に新鮮さ爽快さは次第に無くなり最終的にダラけてしまった。
(ラストのvs遊戯のところまでカード漬け‥)
「もう一人の自分」というテーマに関しては上手く描けていたと思うが
カードゲームが大きくなりすぎて、
終わるに終われなかった(方向転換できない)のが、敗因ではないかと思う。

遊戯王カードが好きな人にはオススメ。
ここまで1大ムーブメントを築き上げたのはスゴイと思うが
序盤のストーリーの方が好きだったので、‥6点!


遊戯王ドットコム(遊戯王の総合HP)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/308-f515747d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。