淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

2005/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラゴンヘッド (10)ドラゴンヘッド (10)
望月 峯太郎

講談社 2000-03
売り上げランキング : 159657

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
高校生の青木テルは、修学旅行の帰り東京へ向かう新幹線に乗っていたが、
静岡で新幹線がトンネルに入ると地震が発生し気を失う。
目覚めると、トンネルの中で新幹線は止まっており、
周りで騒いでいたはずの同級生たちはみんな死んでいる。
そして、同じく生き残りの瀬戸アコと共にトンネルから出ようとするが‥。


◆評価 (10段階)
ストーリー:8
画力:5
構成:6
キャラクター:7
オリジナリティ:8
マニア向け度:6
総評:7


◆淡々と個人的感想
鮫肌男と桃尻女」「万祝」の作者望月峯太郎氏により
1994年から週刊ヤングマガジンで連載されていた漫画。

5年という歳月をかけながら絶望的なラスト伏線
解明されないまま終わったことで、
世間的には酷評が多いこの作品だが、個人的には結構面白く読めた。
全く罪の無い主人公が、突然防ぎようのない災害に巻き込まれ
救いようのない絶望の中、
殊勝にあがく描写が当時読んでいてかいがいしく、好感が持てた。
また、一応トンネルから脱出した後、
家に帰るという人間のリアルな行動の根本に基づいて進められており、
ヘリや車などの乗り物を使って仲間たちと旅をする形は
一応の冒険モノのなりをしていて、舞台を変えることで、
様々な障害に対しての苦悩がミステリーのような謎解きにもなっていた。
(テルとアコの旅の過程での成長という面でも分かりやすかった)
あと、単純に全くないとは言い切れ無い災害
こうも悲観的にかつリアルに描いているのは、
ファンタジーものには無い恐怖がそこに感じられた。

しかし、何と言っても序盤トンネルという限られたスペース、
限られたキャラの中で不可解な状況に陥り、
普通の高学生が初めて体験する死の恐怖&そこからの脱却
という場面の情景は、上手く構成されていたが、
後半、龍頭が出たあたりから、
広がり行く世界観とそれに対する伏線がきちんとまとまり切れておらず、
最後は読者に任す的で未完のようなラストにしてしまったのは残念で、
これでは「本質は何が言いたかったのか?」と評価されてもおかしくない‥。
(ドラゴンヘッド:龍頭という題名の意味が無い)
特に9・10巻辺りはそれが顕著だった。
あと、作者自身の画質に特長があり過ぎて、
お世辞にも上手いとは言えないのが残念‥。

綺麗な絵が好きな人にはオススメでない。
パニックホラーの決定版とも思えるそのリアリティは好きだったが、
後半からラストにかけて不透明だったので、‥7点!


<関連レビュー>
万祝(2005/09/02付)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あはは、、、何処行ったんですかね??
えっ!完結していたんですか?
てっきり病気か何かで、、、
やむを得ず長期休載からのなし崩しかと(汗)

これは、是非是非、漫画喫茶になんとしても行って読まなければ!!!
でも尻切れトンボな終わりなんですよね(汗)
読者に任せます的な終わりが一番嫌いなんですよね、馬鹿にされた気がして!
一番やる気が感じられない終わりに思えてしまうんです。
2006/06/21(水) 09:37 | URL | kyouso #E6kBkVdo[ 編集]
当時は、話題の漫画だったんですけどね。。
個人的に好きな漫画家ですが、この作品の評価はちょっと難しいですね~。

広げるだけ広げて、作者自身が描いていて飽きてしまったのではないかという雰囲気の仕上がり。では?

その点、連載中の「万祝」は、ゆるやかなペースで作者の意欲が感じられはします(笑)
2006/06/21(水) 09:53 | URL | まるお #-[ 編集]
>kyousoさん
実は終わってたんですよ‥(笑)。
当時は雑誌で読んでなくて、単行本で読んだんですが
進むにつれ膨らんでいく伏線がどう回収されるのか?
と、ワクワクしていたんですが、見事な投げっぷりでしたからね‥(T_T)

本当トンネル内でのテル・アコ・ノブオのやり取りが懐かしいなぁ‥♪♪

>まるおさん
私もこの作者の世界観なり雰囲気って言うのは好きだったんですけどね‥。
昔、調子にのって映画を見に行ったら、ダメダメだった思い出があります‥(T_T)
『万祝』はこんなことの無いよう描ききって貰いたいです(笑)
2006/06/21(水) 11:56 | URL | オリバ #-[ 編集]
依頼!
【万祝】レビューお願いしますm(。。)m
2006/06/21(水) 15:30 | URL | kyouso #E6kBkVdo[ 編集]
>kyousoさん
いやっ、もうすでに『万祝』のレビュー書いてたりしますよ♪
2005/09/02付けなので、かなり簡素ではありますが‥(^^ゞ
どうしても初期に書いたレビューは今見ると甘かったりしますね(T_T)
今もそんなに大層なこと書いてませんが‥(TT▽TT)
2006/06/22(木) 01:08 | URL | オリバ #-[ 編集]
しつれいいたしmzfはそd(。´Д⊂)うぅ・・・

毎日ネットサーフィンしてると過去記事あんまり見ないんですよ(汗)
あはは、ずぼらな性格がばれちゃいましたねΣ( ̄□ ̄;)
2006/06/22(木) 09:06 | URL | kyouso #E6kBkVdo[ 編集]
ビール・地ビール
ビール・地ビールを探すなら http://www.leslieshomes.com/510915/100324/
2008/09/18(木) 02:01 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/347-d22809af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
世界の終わりを迎えた人間達の狂気とその中で希望を探す主人公達を描いた、漫画家・望月峯太郎の人気コミック「ドラゴンヘッド」を映画化。出演は妻夫木聡、SAYAKA、藤木直人ほか。
2006/10/01(日) 08:47:00 | DVDジャンル別リアルタイム価格情報
ドラゴンヘッド『ドラゴンヘッド』は、週刊ヤングマガジンに連載されていた望月峯太郎の漫画作品。また、それを原作とした2003年の実写映画を指す。1997年、第21回講談社漫画賞一般部門受賞。映画はウズベキスタンでの長期ロケ、廃墟となったJR渋谷駅のセットを組んだり、...
2008/01/05(土) 09:25:16 | あゆみの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。