淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
409187195Xあずみ (35)
小山 ゆう

小学館 2005-03-30
売り上げランキング : 112245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
時は徳川幕府初期、太平の世を作り上げるため、
内乱の芽を摘む特殊部隊として爺・小幡月斎に育てられた
天才的刺客・少女あずみ波乱の戦いを描く。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:5
構成:6
キャラクター:8
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:6
総評:6


◆個人的感想
最初は次々に仲間が死んでいくドキドキ感とあずみの成長が面白かったが、
長期連載になって新キャラが出ては死んでのマンネリパターン‥‥。
あずみが超人的に強いのにも飽きてきた。
(20巻くらいまではとても面白かったんだけど‥)
早めに切り上げて最終回だけみたい作品!
でもまあ、映画版よりはマシ!!
絵に特徴がある(個人的には上手いと言えない)のと少しグロいので、
そこがOKな人にはオススメです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/35-01a54963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。