淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4063143775爆音列島 6 (6)
高橋 ツトム


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
1980年‥‥中学生・加勢高志は仲間に誘われるまま暴走族ZEROSに入る。
そして、仲間のミッツやマニヨン達らと単車を走らせる日々‥。


◆評価
ストーリー:7
画力:8
構成:7
キャラクター:6
オリジナリティ:6
客観的オススメ度:7
総評:7


◆個人的感想
青臭い青春時代を思い出させてくれる作品。
この作者の作品は良い意味で安心感がない。
どうなるか展開の予想がつかなくてドキドキしてしまう。
最近は「とりあえずバトル主人公バカ強決め台詞
という安直なヤンキー漫画が多いなか、珍しい。
そういうヤンキー漫画に限って中身スカスカです‥。
でも、逆にバトルが好きな人には、
展開も遅い割りにスケールも小さいので退屈に感じるかも‥‥。
バトルばっかりのヤンキー漫画にうんざりの人にはオススメ。
何か起こるんじゃないかという期待感があるので、‥7点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/52-0b260a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。