淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4088727827るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之28)
和月 伸宏


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
逆刃刀を腰に下げ、不殺を誓う流浪人・緋村剣心‥‥。
彼こそは維新志士の中で最強無比の伝説をもつ「人斬り抜刀斎」であった。
維新後、その熱き想いで人々を守り続けた流浪人・剣心の活躍の物語。


◆評価 (10段階)
ストーリー:6
画力:7
構成:6
キャラクター:7
オリジナリティ:5
客観的オススメ度:8
総評:6


◆個人的感想
京都編までは超王道作品(この作者の最後の王道?)。
人誅編は作者が「こう描きたい」と言う想いを強く感じた。
どちらも良い悪いあるが、個人的には京都編が好きです。
最初の方はストーリーも分かりやすく、
少年漫画のバトル物として質が高かった。
でもこの作者のキャラを堂々とパクる行為(インスパイア?)は
読んでいて少し嫌悪感を覚えることも‥。
あと、途中から弥彦がたいした理由なく
超人入り(インフレ)したのにも納得がいかなかった!
とはいえ、一時は時代を作った作品なので
王道漫画が好きな人にはオススメです。(もしくは幕末好きの方)

暇つぶしにはなるので、‥6点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/60-0874205d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。