淡々と読んだ漫画を批評してみるブログ!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4091573118新吼えろペン 1 (1)
島本 和彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆ストーリー
決して妥協を許さない大熱血マンガ家・炎尾燃が、
今日もペンを片手に燃えに燃えまくる!


◆評価 (10段階)
ストーリー:4
画力:6
構成:5
キャラクター:6
オリジナリティ:7
客観的オススメ度:6
総評:6


◆個人的感想
燃えよペン吼えろペン新吼えろペンと続く。
熱い!熱い!とにかく熱すぎっ!!
山口貴由作品や宮下あきら作品とはまた違う熱さがある!!
設定が良いとか、構成が悪いとか、そんなの関係ないくらいブチ破っている!
それをスポーツやバトル物ではなく
漫画の出版の側を描いたっていうのがすごい!
(リアルに1番漢なジャンル??)。
分かる人は分かって、分からない人は置いていく感じの作品。
そして私は、置いていかれる側‥‥。
富士鷹ジュビロの回」や最初の方にあった「大哲の例え」は好きだったが、
大部分は理解不能でした‥。
島本和彦好きならオススメです!
「からぶりサービス」は単行本で見てみたいけど、‥6点!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanmaga.blog16.fc2.com/tb.php/92-7699f162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。